モーセの銅の蛇事件

モーセは旧約聖書に出てくる代表的な人物の一人でチュルチュンした能力の持ち主だった。モーセが神から受けた力に紅海をガルサエジプトで奴隷生活をしていたイスラエルの民は、乾燥した土地を踏んでエジプトを脱出する。その後、彼らは荒野の生活をすることになる荒野の生活の中で人々が神とモーセを恨んようになると神が遣わされたヘビにかまれ、多くの人が死ぬことになる。

すると、彼らはモーセに集まり、 "我々は神とあなたとの非難の犯罪を犯したので、神に祈って、このヘビを引き取ってくださるO"とお願いした。そのお願いを聞いてモーセが祈ると、神はモーセの祈りを聞いてくださり、蛇を作って竿に吊り下げかま者はみな、それを見てみると生きていると言われた。この言葉を聞いて、モーセは青銅で蛇を作って壮大に毎月だったしヘビにかまれた者は、その竿にぶら下がった蛇を見つめ生むことになった。

この事件が起こった時期は、今から約3500年前の紀元前15世紀ごろ。これまでの聖句を読んで、そのような事件が起こったんだと理解しましたが、深く考えては思わなかった。ところが先日、牧師の説教を通じてこの事件が実際に起きたことを明らかに識別することができるの聖書の詩を発見した。その節は、列王紀下に出てくる詩に、ユダの14代の王ヒゼキヤ王の業績に関する次の言葉である:

"彼は高き所を壊して石の柱のアイドルを覚醒トゥリミョアシェラ像を撮ってしまって、またイスラエルの人々はそれまでにも、モーセが作った青銅の蛇に向かって香をたいので、それを壊して"感じフス団 'と呼ばれた(列王下18:4節、現代人の聖書の引用) "。

ヒゼキヤが統治していた時期は紀元前715年から686年の間であるが、モーセが青銅の蛇を作った後、800年余りが過ぎたこの時点でも、その青銅の蛇が伝わってきたのは、この事件が神話ではなく、実際に起きた事件であることを明らかに示す。また、この事件が実際に起きたように、紅海を分けた場合、空の出会いが下された事件など、旧約聖書の多くの奇跡がリアルに近づくと、神が行われた多くの奇跡がより一層リアルに感じになった。

同様に、イエスの足跡を目の前に見るように描かれるようにする聖書がまさにヨハネである。ヨハネは、ヨハネの福音書を記録しながら、自分を要したと明らかにして弟子と呼ぶ例えば "ピーターが曲がってみると、イエスが愛しておられる弟子が付いていた。彼は最後の晩餐とイエスの胸に期待横になって "主よ、あなたを裏切る者は、誰ですか?"とムトドン弟子であった "(ヨハネによる福音書21章20節)。

ところが、ヨハネの福音書の後半の21章23節を見ると、 "この日を証明して記録した人がまさにその弟子である"とし、間接的に自分自身を示している。ヨハネの福音書は、他の公館福音よりも、イエスの足跡を目の前に示すように鮮やかな文体でよく記録しており、また、キリスト教の核心である神の愛を次の一節で非常によく表現している:

"神は世界をとても愛して一つしかない一人息子まで送ってくださったので、誰でも彼を信じさえすれば滅びないで、永遠の命を得る"(ヨハネの福音書3章16節)。

この詩は、私たちが弱くて言うことができない多くの罪を犯しても、神様はイエス様の十字架を信じて見てみると私たちの罪が許されると言われる。ここで我々は、モーセの青銅の蛇事件とイエス様の十字架の深い共通点が含まれていることを知ることになる。ヘビの水切断された青銅で作られたヘビを見てみると体が癒さ口ように私たちの欲に犯した罪と人間の能力にどのように解決することがない罪がイエスの十字架を眺めたときにきれいに洗って許しを受けることができというそれである。

私たちの罪のために私たちの代わりに十字架で死なれたイエス様であり、従って、その十字架を見るたびに、私たちの心が裂けて痛いがその十字架を見てこそ、私たちの罪を赦しを受けるということだ。その十字架で私たちのために神の愛を意味しており、それがまさにヨハネが書いたヨハネの福音書3章16節の御言葉に要約される。

このような愛の神を一度会ってみませんリョンガ?また、イエス様を私の救い主として受け入れ、世界が許してくれない私の罪を赦されたくないか?今日一日は、人生の多くの日々の中で無意味に日に日にではなく、霊的に大きな変化を受けることを意味のある一日になってほしい。