魂の存在

イエスを信じることで得られる最大の贈り物の一つは、私たちの魂の救いです。その後、果たして私たちの魂が存在するのか?この質問に存在するという人もあるだろうが存在しないという人もいるだろう。しかし、我々は肉体も持って魂を持っていることを知るべきである。

私たちの魂が存在するという事実は、聖書の創世記を読んで見れば分かるがある。創世記2章7節を見ると、神が人間を創造し、息をその鼻に吹きノトウシンて初めて、生気生霊(Living being)になったと記録されている。ここで生気とはギリシャ語でマヨ私として魂を意味することもある。しかし、これを単純に魂が存在すると主張していない魂の本質、例えば、魂が肉体とは、どのように違うのか、魂は重量があるのか​​、歩いてこそか、または運ばダニヌンジ、また、物質とはどのような相互作用をし、どのような物理的法則に従うことを、構成成分が物質(Baryonic)であるか、実体を知ることができない非物質(Non-baryonic)であるかのようにいくつかの説明の月であれば言うことはない。しかし、そのように人間の知識に全く説明できない魂の存在の中に神は別の深い意味を隠しておられる。

目に見えない霊を通して、神がどのような意味を隠して置いたのか、コンピュータの時代に合わせてコンピュータを持って、一度説明してみましょう。我々はコンピュータを作るためには、龍山(ヨンサン)電子商店街に行って最新型CPU、マザーボード、メモリ、グラフィックカード、ハードディスクなどの社べきだ。その後は、それらの部品を持ってコンピュータを組み立てる必要がありするだけで組み立てが終わって、コンピュータが動作しているわけではない。このコンピュータが正常に動作するためには、Windowsとコンピュータのオペレーティングシステムがインストールする必要があり、そのような後こそコンピュータがよく戻ってゲームを含む任意のプログラムも正常に動作させ、iPhoneやデジタルカメラやプリンタなどの周辺機器を接続しても分かってサクサクと認識し、コンピュータ本来の機能をよく実行できるようになる。

図1。複数の部品で構成されるコンピュータ

だから、今ここで私たち自身がそうよく働くコンピュータと仮定しましょう​​。その後、我々は、私は非常に最新のコンポーネントを使用しても作成されてどのようなプログラムも正常に動作させることができるよう作られていなと思うだろう。まるで私たち人間が手を上げたいと生体電気信号を発生し、筋肉を動作させ、持ち上げて走ったい倒れずよく走ることができるし、頭の中で非常に複雑な思考もできるように。しかし、私はこのようにうまく機能するために、その背後には、Windowsという名前のコンピュータのオペレーティングシステムがインストールされていることを気づくことができるだろうか?

おそらく気づいを受け取ることができないだろう。これは、コンピュータが組み立てられた後にオペレーティングシステムをインストールする前に、ただ動作していない電子製品自体に残るそのコンピュータにオペレーティングシステムがインストールされている瞬間すぐにどのようなソフトウェアでも正常に動作させることができるコンピュータで変化するからである。一度このように駆動されると、自分がこのように駆動されることを当然のことと認識してどのようにしてそうよく働くかどうか考えてみようともしないだろうまた、考えようとも考えることができないだろう。これは、いくつかの部品を使用して、コンピュータが組み込まれている状態で、コンピュータのオペレーティングシステムがインストールされて動作している状態に移る時は、まるでブラックホールの周りの事象の地平線(Event horizo​​n)の内側と外側のように情報伝達が断絶された状態であるため、です。

しかし、もし私たち人間がコンピュータがその背後にインストールされているコンピュータのオペレーティングシステムを気づいたように私たちの思考を支配する霊の存在を容易に気づくことができれば、どんなことが起こるだろうか?

その場合、ほとんどの人々は私たちの肉体を脱ぎ捨てた後、天から受ける永遠の命を願い、この世界では罪を犯さず、善良な方向に生きようと努力する。これは、この世界での生活が終わると、肉体は衰えることを知っている魂は天国か地獄に行くことを知っているからだ。そうなれば、一人一人の人生が自分の主観による生活ではなく善良が住んでプログラムされたロボットのような人生を生きることができるのに私たちに自由意志を与えられた神は、私たち人間がそのように生きていくことを希望されないだろう。だから、魂が目に簡単に説明善良が生きるようにプログラムされ、またそのような人々を皆天国に入ることにしたくないと、目に見えませんが、魂の存在と魂の救いと永遠の命の神の約束を信じ、その信仰に従って生きる忠実人をままおきネドゥトイおきに天国行きのチケットを与えようと、魂の存在を認識できないようにしていたと思います。

これが、魂が見えず、どのような物理的な実体なのかも見当もつかないような神の深い神を意味だと思う。しかし、聖書では、この魂の存在と永遠の命について多くのヒントをくれたがこれに気付き穀物がされて、天国で永遠の命を受けるか、または殻になって何の使い道なく、火の中に放っているかもの決定は、私たちの自律に任せられた。

数学と物理学の天才だったパンセで有名なパスカルは、神の存在を賭けを提案したことがあった。もしあなたが神の存在を否定すればことをゴルラ。もし存在している方のことをかけて勝った場合、あなたは天国で永遠の命と無限の幸福を享受することができる。しかし、あなたは神が存在するのに賭をかけたがことになるとしても何も失うものはなく、またそのような場合でも、事実上、彼は彼の信じられない友人よりも幸せにこの世を生きた人ではないだろうか?そのために神が存在するということに躊躇しないことをかけるのが合理的だと述べている。

場合によっては一部の人々を見ると、教会に出かける嫌いな理由が考え信者と言うが、信じていない人々よりも世俗的な人々を見てがっかりしたり、あるいは、現在の自分自身の人生を教会に出かけるには、堂々としていないからだと言う人々がいる。もちろん、信者の中には残念な行動をする人もいるが、教会は自分自身と神との関係では、人々との関係ではなく、また教会は、罪のない人々が集まる場所ではなく、罪人たちが来て、罪の赦しを受けて、永遠の命を得るところであることを知るべきである。

4世紀頃オーガスティンの前にオーガスティンなかったオーガスティンの後にティンないというくらい神学の発展に大きな貢献をしたオーガスティンという人がいた。彼の懺悔録によると、若いころのオーガスティンは、非嫡出子を出産するほど放蕩な生活をしそのような生活をたたん者が、意志が弱くて壊れることがなかったという。しかし、ある夏の日いちじくの木の下に座って "神は、いつまでこのように時間を無駄ですか?"と叫んでいるが、その叫びに答えかのように子供たちの歌声が聞こえてきたという。その歌の歌詞は、トレドレゲエ、トレドレゲエ(Tolle Lege、Tolle Lege)に翻訳ザラザラ "グラブ読んグラブ読んでください"という意味だった。その後、彼はその声が神の命令される音のように聞こえて家に来て、聖書を広げてみたところ、最初に目につくの聖書の詩は、次のようなローマ13:13-14節だったという。

"昼間に活動している人のようにきちんと行動しましょう​​。乱雑なナイトライフを楽しまないで、酒に酔ってください。性的に乱れたり、退廃的な生活を捨ててください。争うより、嫉妬しないでください。主イエス·キリストに服着せなさい。罪の性質が望む欲望を満足させる考えをしないでください。 "彼はこの言葉を読む時の精神が光って後悔の涙を流して、イエス·キリストを救い主として迎えた後、再び罪を犯していなかったという。

図2. Saint Augustine

また、全世界的に多く呼ばれる "Amazing Grace(私のような罪人よみがえらせた)"という賛美歌を作詩したジョン·ニュートンという人がいる。彼は子供の頃信実母を亡くし、継母のもと憎しみを受けて育った性格が手に負えないとなった。船長の父について子供の頃からの船員生活を始めたニュートンは、彼自身もアフリカで奴隷を買って売って奴隷船の船長となった。彼の生命は放蕩で不道徳し性格は非道して、アフリカのライオンとニックネームが付くほど悪名が高かった。そのような罪人であった彼は奴隷を乗せて行っている途中、大きな嵐に会って死の危機を迎え、恐怖に震えているときに子供の頃の日曜学校の先生が聞かせてくれた聖書の御言葉ルカ11:13節 "あなたがたは悪もいいことを子供たちに与えようとする。まして天の父が求めている者に聖霊をくれませんか? "が浮かび上がった。 "そうだね、悪い人も子供を愛するために、父なる神も、私の許しを求めると聞いてくださると思います。"そう信じてニュートンは、神の前に涙でもあった。

神はニュートンの祈りを聞いてくださっ倍に無事陸地に到着し、ニュートンは、陸に到着するとすぐ教会を訪ねて行って、自分の罪を告白しては神学校に入って牧師になって故郷に帰ってきた。その後、彼がこの世を去るまで、福音のために住んでいたが、後に物忘れがひどくなって忘れてしまうのもても、ただ二つは絶対も忘れなかったという。最初は自分がこの世界で一番大きな罪だったのと第二は、最大の罪人である私をイエス様が愛してくださって救ってくれたのだった。このような彼の信仰は、 "私のような罪人よみがえらせ"の賛美時に生まれた。このように、神は、どんなに多くの罪を犯した罪人であっても、イエス·キリストを救い主として信じ、自分の罪を悔い改めと救いくださって、永遠の命を与えてくださる方であられる。 このようなイエス様を救い主として受け入れ、罪の赦しと、天国の永遠の命を得ないリョンガ?

"For God so loved the world that he gave his one and only Son, that whoever believes in him shall not perish but have eternal life.” (John 3:16)