愛の神様

キリスト教は愛の宗教である。 ほとんどの人々は罪を吠えないしようが、罪の誘惑が迫った時は、自分の意図とは関係なく、罪を犯すことがある。 年を取って自分の行動を自制する方法を知って中年以降の人生は罪の誘惑をある程度倒すことができるが 思考の成熟が少なくなり、罪がなぜ悪いのかよく理解していない思春期は特に罪の誘惑に負けやすい。

人間の世界の公式では、自分が犯した罪については、自分がその代価を受けなければするのがその理である。 しかし、神様は私たちの罪のため、それに相応する罰をもたらすことはなく、 ひとり子であるイエス·キリストにとって私たちの罪を代わりになっ十字架に戻りました。 罪は私たちがサポートだったが、その罪をイエス様が代わりに負わ事件は、世界の公式には全く理解できない事件であり、 この事件自体に私たちの神の無限の愛が意味されていることがわかる。 そう君たちが柔らかくて、罪の誘惑に陥って暗闇の民となったが、もう一度チャンスをやる。 心をつかんでもう二度と罪の奴隷にされていない光の子として生きてリョムナ。 このように、罪によって滅びるしかない私たちに人間の世界を与えることのないsecond chanceの神がイエスを通して私たちに与えられたのだ。 何という神の愛ですか?

私はsecond chanceという言葉を考えるたびに言うことができない感謝の神の愛を感じる。 神は愛であられる。 罪は私たちが犯したイエス·キリストが私たちの罪を代わりに背負って十字架の苦難を受けられた。 このようなイエス様の十字架の贖いを考えるたびに胸の痛みと一緒にもう二度と罪を犯さマルアヤジする新たな心構えを固めてみる。

クリスチャンの主人はイエスであられる。 神は私たちの罪を贖うイエスを救い主として受け入れるだけで、罪をしていただいて永遠の命を与えられたとれたのだ。 罪の赦しも言えなくありがたいそれに加えて、天国、永遠の命まで与えてくださるからどれだけ感謝したことなのか? しかし、多くの人々がイエス様を信じるだけで、このように大きな祝福をただで与えられるという話をよく信じていない。 なぜだろうか?

人々の思考は惰性の支配を受けている。現在の生活に満足しかつ不足がない場合は、自分たちの生活にどのような変化が生じることを望まない。 そのような人々にとっての天国は、この世の現実の世界が天国でイエス様を信じて行くことができる、天の国の天国は彼らの心にそのように熱心にワダトジない。 このような彼らと一緒にイエス様を信じていない別のタイプの人は、どのような理由でによって、キリスト教に反感があったりそれともこの世の人生最後であり、その後の人生はないと考えている人々である。

このような人々にとってもっと具体的で否定しようとしても否定できない神様とイエス様の次の証拠がある場合の例 イエス様の救い主として受け入れないだろうか? その最初は、この世界に多くの神々が、神だけが本当に私たちを創造された唯一の創造主の神であられ、 第二に、イエス·キリストが神が私たちに送られた神の御子であること明白に示す証拠である。

しかし、この二つの証拠は、聖書を詳しく読んでみると出てくる。 まず、神が宇宙と人間を創造された証拠は、聖書創世記によく現れており、ジェネシスの内容の筆者のいくつかの議論が、このウェブサイトの創造科学部分に記録されてている。

神が宇宙を創造されたもう一つの証拠は、私たちの周りの物質を見てもよく分かるがある。 私たちが見ているこの世界のすべてのものは、本質的には、元素から構成される集合体です。 例えば、我々が見ているコンピュータのLCDスクリーンは、二酸化ケイ素(SiO2)が主成分であり、 二つの酸素と1つのケイ素に会った物質であり、コンピュータのキーボードのプラスチックは、 炭素、酸素、硫黄、窒素が鎖状に縛られている高分子化合物である。 次に、それぞれのこれらの要素自体は、一体どのように作成されてこの世に存在するのだろうか?

元素は宇宙を創造された後、宇宙に充満していたエネルギーが物質に変わり、生成されたがその生成される過程を理解するためには、 20世紀初頭から現在までの世紀の天才たちが確立した非常に複雑な素粒子物理学をある程度理解しなければならない。 素粒子物理学は、この世界を成している物質がどのように生成され、またそれらがどのような相互作用をするのか研究する学ドアだが、すべての物理的な技術は、複雑な数学的な土台の上に建てられている。 物質の生成との相互作用のプロセスが複雑なこの複雑な数学的基礎の上に建てられたという事実は、このプロセスが自然界で偶然に起こることができないことを示し、創造主の設計図に基づいて、すべてのプロセスが少しずつ体系的に進行したことを示唆している。 誰かが私たちにエネルギーを与えるだろうから元素を一度作ってみろならどうすればだろうか?宇宙創造の後、温度が下がるに従ってエネルギーが物質に自然に移行されたが、実験的に実装して、私のために、現代の科学技術では、至極ひ難しい問題になるだろう。

しかし、その逆のプロセスである物質からのエネルギーの変換は、相対的に簡単な問題である。 この問題をビルを吠えるか、または壊す過程に例えるならば、エネルギーの物質への変換は、 完璧な設計により、基礎工事でからビルを完成までのと同じで物質のエネルギーへの変換は複雑に考える必要がなく、単に建設された建物を解体するだけされるようだ。

建物を解体することで類推された物質からのエネルギーに変換させる方法がすぐに原爆を作る基本的な原理である。 原子爆弾は、物質がエネルギーに変換され、(E= mc2)驚異的な破壊力を生じるもので建物を壊すように押しんだことがあるこのような簡単なものもアインシュタインのような世紀の天才たちがあってこその説明が可能であった。 その逆のプロセスであるエネルギーで物質を作る過程も、科学が発展すれば可能ことだろう。 しかし、どのようにし物質がエネルギーとなって、エネルギーが物質になるように、宇宙がそう作られたかは、 私たち人間の知識では、 到底理解できない領域であり、全知全能創造の領域であることを留意すべきである。

このように私たちの周りどこを見ても、すべてが創造主の介入がなければ初めから私たち人間を含むすべてのものが存在することができなかったことを知ることができるでしょうし、すべてのことを主管し、計画された方が、すなわち神の創造であることを知るだろう。

次に、イエスが神の子であることを示す証拠は新約聖書の福音書にも記されている。 その代表的な証拠は、まさに私たち人間の能力としては到底行うことができない多くの奇跡を行われた日なのに その内容がイエスの奇跡によく整理されている。

イエス様が奇跡は、様々な病気を癒された奇跡、小径の目を開かれた奇跡、らい病人を癒された奇跡、 悪霊を追い出された奇跡、嵐を穏かにされた奇跡、そして死んだ者を生かしてくださった奇跡など、私たち人間の理解を超えた奇跡である。 この世界には多くの宗教がありますが、誰でもこのような途方もない奇跡の単一でも行ったことがあるか? 万物を創造された全知全能の神の子でなければ、決してこのような奇跡を行うことができないだろう。

このように、神は万物の創造いただいイエスは、神が私たちの罪を贖うてために私達に送られた神の御子であるいくつかの証拠を介して知ることができる。 このような事実を今も知っているので持っている幸運ですか?

このような事実を信じていないと信じては一人一人の自由意志に左右される。 人々は良いニュースがあれば、分割しようとするのが人の常である。 筆者もこの良いニュースを、イエス様を信じていない人と分かち合いたい。 イエスを信じるにして受ける恵みは無限大であり、イエス様を信じることに決心して近くの教会に出る手間はそれに比べて無限要素である。 誰でも無限小の手間で無限大の恵みを受けたらと思う希望である。