Adam

さばき上記のダーウィン(Darwin on Trial / Phillip E. Johnson)

1991年フィリップ・ジョンソンによって書かれた審判台の上のダーウィン(Darwin on Trial / Phillip E. Johnson)は、知的設計運動(intelligent design)の出発点であり、ダーウィン主義の学術的批評と新しい科学パラダイムとして指摘設計運動を開いたという評価をバプゴている。

ジョンソンが法学教授としての専門的な科学論争に参加することになったのは、非常に劇的である。彼の生命の起源についての関心を持つようになったのは、1987年10月に英国ロンドンで休暇を行った時だった。講義と既存の刑法学研究負担で自由になった彼は休暇中に新しい 研究課題を探索していた。宿泊施設で学校に行く途中で、ロンドンで最大の科学書店があったが、彼はここで新刊書に展示されているリチャード・ドーキンスの「盲目の時計職人(The Blind Watchmaker)」とマイケル・デントンの「進化論と科学(Evolution:A Theory in Crisis)」を発見した。本見ながら、二人の生物学者が全く異なる相反結論を示すことに知的な好奇心を感じた彼は本を購入後すぐ二本を耽読する。彼はドーキンスの本を第二の読んだ中に取得悟りを次のように表現 した。

「突然私はこの本が明晰な捜査学的技巧に使われたことに気づいた。これらのことは、弁護士が慣らされるものである。そこに証拠はない。ただし仮説としての結論を受け入れるようにあなたを誘導して、論理の明晰に感動させることだけである。」

二本で主張する自然選択による大進化の妥当性が主な関心事だったが、デントンは、自然選択による対戦化の科学的証拠がない仮説に過ぎないという進化論の学術的な批判を提示したのに対し、 進化論の伝道師と呼ばれるドーキンスは、強力な論理でシンダウィン注意の妥当性を主張する。

初日二本を読んでジョンソンは、この問題に対する社会的な重要性を考慮して、彼が科学的な教育は不足だが、彼が持っていた刑法学と修辞的な専門知識は、この問題を誰よりもよく慣れていることを見た。 彼は大学バークレー校ロースクールで刑法学を教えながら法廷論争の捜査学的技巧と構造について講義し、学生に証拠と主張をどのように効率的に提示し、反対の主張の中に込められたフィクションをどのように効果的に発見するかを教えた専門家である。 これに対してジョンソンは「裁きの座のダーウィン」第1章では、次のように述べた。

「私は創造 - 進化論争に科学者としてではなく、法学教授としてアクセスしているが、これは何よりも、私の議論で使用される言葉のかなりの知識を持ってアクセスすることができるということを意味する。 この問題で一番先に私の注意を引いたのは、私たちが進化論について聞いている内容が事実かどうか、まったく疑うことすらできないように議論のルールが設定されているという点であった。 例えば負のデモンストレーションを禁じる科学院の規則は、複雑な有機体がどのように発展することができたのかを科学が発見していなかった可能性を自動的に排除させる。現在の答えがいくら間違っても、より良い答えが出てくるまでは、それが正しい答えになる。 それはまるで刑事被告が他の人が犯行を犯したという事実を証明見えることがない限り、アリバイを提示することができないのと同じである。 (中略)私は仕事は科学者ではなく、議論の論理を分析し、その裏面に置かれていると仮定を区別することを専門とする大学の法律学者である。これらの背景には、一般の人が考えているよりも、この研究にはるかに適している。なぜなら、人々が進化やダーウィン主義について信じていることが、彼らが使用する論理フォーマットと、彼らは前に出す家庭に大きく依存するからである。多くの科学分野であり、また哲学的な問題と関連している進化のような非常に幅広いテーマを扱うとき、科学者という事実が必ずしも利点となるわけではない。科学の専門家は、専門性の高いされていて、彼の専門分野の外では、南と変わらない一般人にまで 出ない。」

この本は、第2版ではすべて十二枚の本文、そして後期として、この本の第1版の批評は、付録として研究ノート、翻訳後期とインデックスで構成されている。第1章法的背景として、この本の執筆目的を表明しており、第2章から第8章まで自然の選択、大小突然変異、化石の問題、進化の実際には、脊椎動物系統、分子的証拠、生命前の進化など、進化論に関する直接の内容を扱い、第9章から第12章までは、科学の規則、ダーウィン主義宗教、ダーウィン主義教育、科学、医師、科学など進化に関する哲学的 内容を扱っている。本文の内容の概要は、次のサイトによくまとめられている: http://classic.ajou.ac.kr/SEA/201302/519E4099D1C61A1.pdf