主が望まれる生活

主は、私たちがこの世界でどのように生きることをウォンハシルカ?毎日の生活の中で、特に主日礼拝をささげながら、かかる疑問の一つである。信じる者として、主が与えられた御言葉を土台に日々正しくできて生きていけば、主は喜んですることを信じる。

しかし、この世界では、主が望まれず、また誰が見ても悪いことを行って生きていけば、主はわたしたちをどのように残念な気持ちで眺めるか?

このような理由で、主は魂のフォームである聖書を私たちにくださった、その中に私たちがこの世界でどのように生きて行かなければなら生活の基準を提示してくれた。しかし、このような主のことばに接して見られず、この世界を思いのままに生きている人々がいる場合は、主がどのようになさるか?罪に相当する罰を下すなら、おそらくこの世界では完全に生きていく人が珍しいだろう。しかし、愛の主はこのような私たちに悔い改める機会をいただいて、いつか主の懐に戻ってくるまで待っておられます。

過ぎた日々を振り返ってみると色々なチャンネルを通じて、主に出てくることを多くの勧告受けていた。人間なら誰でも全能の方に近づいていきたいまた、彼の人生を頼りにしたいという気持ちが私たちの胸の中深く内在してだろうと思う。このよう導かれることにより、その勧告を受けたとき躊躇せずに主に記載されて主に会ったことが私の人生の旅において最もよくしていたことではないかと考えられる。

軍隊に行くためにか手にした場合はその時から怠け者としての不安な生活が始まる。しかし、一度は行かなければなら軍隊を忌避せずに堂々と同じだ場合は、後から非常にリラックスして私たちの大韓民国で生きていくことができる。同様にいつの日か一度会わなければなられる主に出会わなければ知らず知らず不安な人生を生きていくことになる心の決定をし、主に出て主を私の救い主として受け入れた場合は、その後からは、この世界では精神的に非常にリラックスして生きていくことができる。

時々、主に出てこないのが現在の自分が主に出ること恥ずかしくて資格がないと思っている人が多い。しかし、主はいくらが世界で悪いことをして、主に出てくるの資格がなく、生きてても、主に出ればすべて受けていただいて慰めてくれたと言われた。

新約聖書のルカの福音書15章3節から15章7節を見ると、このような一節が出てくる:

3。そこでイエスは彼らに、この譬をお話しになった、
4。「あなたがたのうちに、百匹の羊を持っている者がいたとする。その一匹がいなくなったら、九十九匹を野原に残しておいて、いなくなった一匹を見つけるまでは捜し歩かないであろうか。
5。そして見つけたら、喜んでそれを自分の肩に乗せ、
6。家に帰ってきて友人や隣り人を呼び集め、『わたしと一緒に喜んでください。いなくなった羊を見つけましたから』と言うであろう。
7。よく聞きなさい。それと同じように、罪人がひとりでも悔い改めるなら、悔改めを必要としない九十九人の正しい人のためにもまさる大きいよろこびが、天にあるであろう。

イエスはこう言われたように、誰が見ても切なくて悪いことを犯す邪悪な人々が主の前に悔い改めて戻ってきたら、主は失った羊を訪れたことのように大喜びしたとしている。

また、それに続くルカ15章11節から24節を見ると、帰ってきた放蕩息子のたとえが出てくる(アガペやすい聖書の駅):

11。また言われた、「ある人に、ふたりのむすこがあった。
12。ところが、弟が父親に言った、『父よ、あなたの財産のうちでわたしがいただく分をください』。そこで、父はその身代をふたりに分けてやった。
13。それから幾日もたたないうちに、弟は自分のものを全部とりまとめて遠い所へ行き、そこで放蕩に身を持ちくずして財産を使い果した。
14。何もかも浪費してしまったのち、その地方にひどいききんがあったので、彼は食べることにも窮しはじめた。
15。そこで、その地方のある住民のところに行って身を寄せたところが、その人は彼を畑にやって豚を飼わせた。
16。彼は、豚の食べるいなご豆で腹を満たしたいと思うほどであったが、何もくれる人はなかった。
17。そこで彼は本心に立ちかえって言った、『父のところには食物のあり余っている雇人が大ぜいいるのに、わたしはここで飢えて死のうとしている。
18。立って、父のところへ帰って、こう言おう、父よ、わたしは天に対しても、あなたにむかっても、罪を犯しました。
19。もう、あなたのむすこと呼ばれる資格はありません。どうぞ、雇人のひとり同様にしてください』。
20。そこで立って、父のところへ出かけた。まだ遠く離れていたのに、父は彼をみとめ、哀れに思って走り寄り、その首をだいて接吻した。
21。むすこは父に言った、『父よ、わたしは天に対しても、あなたにむかっても、罪を犯しました。もうあなたのむすこと呼ばれる資格はありません』。
22。しかし父は僕たちに言いつけた、『さあ、早く、最上の着物を出してきてこの子に着せ、指輪を手にはめ、はきものを足にはかせなさい。
23。また、肥えた子牛を引いてきてほふりなさい。食べて楽しもうではないか。
24。このむすこが死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかったのだから』。それから祝宴がはじまった。

この世界が理解できずに受けてくれなかったの浮遊量であったか、それとも上の放蕩息子のように、この世界を浪費して勝手に住んでいたか私達が悔い改めて、主に進んだ場合、主はいつでも喜んで私たちを受け入れていただいて私たちの罪を使用していただくと共にチョンマングムを与えても買えない天国、永遠の命まで与えられたと言われた。

このような祝福がただ教会に来て、主を救い主として受け入れるだけで、得られることがどれだけ驚くべき大賛成ですか?このような祝福を受ける人生の隊列に参加するために私たちが受けなければならない対価は、ただ主日近くの教会に行く手間だけである。

日曜日の朝無意味に数時間を過ごすと、天国での永遠の命のどちらが返すことはかどうかは私たち自身の選択にかかっている。人生の多くの日々の今回の週は決定して近くの教会に私が前に知らなかった精神的な旅を新たに始めてみてはどうだろうか? この決心が人生の旅において最も貴重な選択がされることを信じて疑わない。