9。適切なサイズの太陽をエネルギー源として持っている地球

私たちが夜空に見るキラキラ星もよく見ると、複数の種類の星があることを知ることになる。星の色は別の表面の温度に応じて異なるが、温度が低ければ、赤い色を温度が高ければ青白色を帯びるようになる。鍛冶屋で鋳鉄を焼いたら、最初は赤い色をチダが、温度が徐々に上がると黄色に、温度がより上がれば青白色に変化するのと同じ道理だ。オリオン座のアルファ大人ベッテル規スヌン赤い色を、私たちの太陽は黄色を、そして猟犬座のアルファ大人シリウスは青白色を帯びている。

私たちの太陽系において地球の水が凍らず沸かしもしない領域を生命体が生きられる生存代と言ったが、この生存立場は私達がいくつかの星の周りに住んでいるかによって、その領域が変わる。私達が太陽より少し星の周りに住まわせたら、別の輻射熱が少なく生存代は別で、より近い位置に、太陽より大きな星の周りを買うなら、多くの輻射熱のための生活対価その星からより遠くなる。別の質量が少なく生存対価その星の近くに位置する場合、地球と月の場合のように朝夕ロック現象が生じますが、そうなれば、その星や惑星が同周期自転(Synchronous rotation)をすることになる。両手をとって向かい合って​​回るよ​​うに同周期自転をすると、星を見合わせている方のみ、常にヘᆾビトを受けるため、水が沸騰程度の温度になって、その反対側は常に夜であり、すべてが凍りついた凍土の地となる。また、別の近くに位置されることから別から放出される恒星風の影響をそのまま受けて生命体が住むには不適切な環境になる。

逆に別の質量が大きく生存台ごとから離れている場合には、この生存台の寿命が長続きしないという欠点がある。なぜなら質量が大きい星は質量が小さい星に比べて星の燃料である水素をより早く消耗するようになってヘリウム燃焼を開始し、赤色巨星に進化するのにこうなると別のサイズが次第に大きくなり、近くにある惑星自体を呑むほどがされる。これと共に別の進化が続くと超新星爆発を起こすされ中性子星やブラックホールへと進化する。したがって、私たちが末永く安全な生存台にとどまるためには、太陽と似たような大きさの星を地球のエネルギー源として持ってなければならない。

図1.17は、星がどのような質量分布を見える観測したデータなのに別の約88%が太陽より軽い星であり、太陽質量の1-2倍の間にある星は8%であり、残りの4%は太陽よりも2倍以上重い別だ。したがって、太陽と同じ質量を持つ星を発見する確率は数パーセント以内そんなに高くないことが分かる。

図1.17 - 星の質量分布。ほとんどの星は太陽より質量が少ない。

私たちが長い間安定した生活の台にとどまるために、太陽と似たような質量の星を、私たちのエネルギー源として必要という事実のほかにもう一つの条件が追加されるが、地球がサンソンギェではなく、ただ星界に存在するということだ。私たち人間にも双子が時々生まれたが別の世界では、ほぼ50%以上がサンソンギェだ。サンソンギェは近接サンソンギェ(Close binary system)とリモートサンソンギェ(Wide binary system)で区切っすることができる。近接サンソンギェで惑星が回っている場合は、図1.18の上段のように​​二つの星の周りを回ってリモートサンソンギェの場合には、図1.18の下のように一方の星の周りやかそれぞれの星の周りを回っているのだ。もし私たちが住んでいる地球に太陽が二人と仮定してみると、私たち生命体にやさしい影響はなく、有害な影響の方が多いだろう。二つの太陽のために私たちの地球に有害な放射線がより多く降り注ぐことで二太陽の相対位置に応じて、地球の自転軸との偏心が常時変化するものであり、それに応じて、地球が受ける太陽エネルギーの譲渡に変化して生命体が生存に適した気候条件を提供できないだろう。

私たちの地球が適当な大きさの星である太陽をエネルギー源として持っていてもサンソンギェではなく、ただ星界に存在して長い間安定した生活の台に存在することができると言うなんと幸いなことか?

図1.18 - 近接サンソンギェ時(上図)とリモートサンソンギェ時(下の画像)の可能な惑星軌道。黄色が太陽であり、緑の惑星である。