8。プレートテクトニクスによる自動温度調節装置を持っている地球

プレートテクトニクス(Plate tectonics)は、地殻を構成している板が地球マントルの対流現象によって動いてそれに応じて、地震と火山活動が起きて褶曲と山脈などが形成される説である。その後、このプレートテクトニクスが私たちの生活はどんな関係があるのか​​?結論から言えば、プレートテクトニクスは、地球の温度を自動的に調節して、地球上の水が凍ったり、またはわかんないしてくれる。

図1.14 - 知覚を構成している6つの大きな板と10個程度の少ないパンドゥル

プレートテクトニクスがどのように地球の自動温度調節器の役割をするについて説明しましょう​​。地球の温度は、複数の要因によって決定されるが、その中で最も重要なものは、太陽から地球に到達する太陽​​エネルギーの世紀とその太陽エネルギーが実際に地球上に吸収される量と、地球大気にどれだけ多くの温室効果ガス(Greenhouse gas)が存在するかにかかっている。太陽から到達する光は、地球上の大気をよく通過しますが一応地表に一度反射されると乱反射がされて波長が長くなって大気中の温室効果ガスの詰まっ再び宇宙空間に出ていく難しくなる。このため、地球が暑くなっのに寒い冬にビニールハウスの中が暖かくなるのと同じ理由だ。

温室効果引き起こすガスは、二酸化炭素、メタン、オゾンなどがありますが、地球上に最も大きな影響を及ぼすものでは二酸化炭素である。大気中に二酸化炭素が多い場合、温室効果が大きくなり、地球全体の温度が上がって少ない場合には、温室効果が少なく、地球の温度が下がる。地球上のほとんどの二酸化炭素は火山活動によって地表上に噴出され、こうして噴出された二酸化炭素は、風化作用によって生成されたケイ酸塩鉱物と反応して炭酸カルシウム(主に石灰岩)を生成し、大気中から除去される。ところが、大気中に二酸化炭素が増え、地球の温度が上がるとケイ酸塩鉱物の風化作用も一緒に上昇する。これ風化作用が上昇すると、より多くのケイ酸塩鉱物が生成され、大気中の二酸化炭素とたくさん反応して石灰岩を作りながら二酸化炭素量を減らし、そうなれば減少した二酸化炭素による温室効果も減少して地球の温度が下がる。これにより、地球の温度が下がるとケイ酸塩鉱物の生成も一緒に減少し、二酸化炭素との反応が少なくなって大気中に二酸化炭素の割合が上昇し、温室効果も上がり、地球の温度が徐々に上昇する。地球の温度が上昇すると、再び上記のようなサイクルを経て地球の温度を常に適正状態に維持することになる。

この方法神秘的な自然界の自動温度調節装置か?図1.15は、過去40万年の間、地球の自動温度調節がどのように動作するかどうかを示す図であるが上部のグラフが地球の温度をそして中間のグラフは、二酸化炭素量を示している。図を見ると、二酸化炭素量が増加したときは、地球の温度が上昇し、二酸化炭素が減少すると地球の温度も低下することを示している。

図1.15 - 二酸化炭素量(中間グラフ)と、地球の温度(上のグラフ)の相関関係

ところが驚くべきことに、上記の二酸化炭素による自動温度調節作用がプレートテクトニクスによる地殻の移動がなければ機能しないという事実である。図1.16に示されたように、地球は火山活動によって二酸化炭素を大気中に噴出し、そう噴出された二酸化炭素は、風化作用で生成されたケイ酸塩鉱物と反応して石灰岩に変わって海の中の沈殿物の形で堆積される。海の中に堆積された石灰岩は海底地殻の一戦は、他の板の下に入るソプイプ(subduction)の作用により、地球内部に入って熱い熱によって溶け、マグマ噴出と一緒に二酸化炭素を再大気中に放出する。

もしプレートテクトニクスによるソプイプ作用がなければ、海の中に堆積された石灰石はずっとたまって海の中にだけ留まることになってそうなれば、二酸化炭素が大気中に放出されず、温室効果が減少し、地球の温度が急激に下がっていく。もし歴史上一度でも地球上の温度が海の水が凍っ程度にまで下がると、地球の反射率が増加して太陽から来るほとんどの光は地球に吸収されず、氷に反射されるがこうなると、もはや取り返しがつかない "一方的な氷室効果(runaway icehouse effect) "によって地球はますます冷めて行くこれ以上の生命体が住めない氷に覆われた惑星に変わるだろう。

図1.16 - プレートテクトニクスのソプイプ作用によって認識が溶け溶けた認識が火山活動に再噴出される様子。このプロセスを介して二酸化炭素が循環して地球の温度を自動的に調節する。

プレートテクトニクスが動作しない場合は、地球の温度調節の活動のほかに、地球の水循環にも影響を及ぼす。水は蒸発して雲を形成し、雲は雨になって地上に降りて水が循環されるが、この過程で重要なのは、雨雲の発生である。雲粒子は、大気中の水蒸気が凝結して水滴になるのに結露が起こるためには、氷の結晶核が不可欠である。なぜなら、水蒸気だけで簡単に水滴になる難しい氷の結晶核があれば簡単に凝結になって水滴が形成される。氷の結晶核は、大気中に浮遊エアロゾルと呼ばれる微粒子なのに、風に呼び出された微細塵粒子や火山灰の噴出によって生成された塵である。ところがプレートテクトニクスによる火山活動がなければ、火山灰の噴出がなかった。つまり蒸発した水が氷の結晶核の不足のために雨雲に形成されず、雨が今よりも格段に少ない下げるだろう。雲がされていない蒸発した水は、水の表面張力により、温度が-40度されても凍らずに過冷却状態の水蒸気に存在することになる。大気中に水蒸気が徐々に蓄積されると、地球の反射率が変わって指標に到達する太陽​​エネルギーの変化を取得され、それに伴う気象変化も伴っことになる。

地球自動温度調節や水循環に重要な役割をするがプレートテクトニクスがどのように開始され、また、長い期間どのように維持されたかについての研究が、ごく最近になってようやく行われている。研究が重ねすればするほどプレートテクトニクスの神秘的な事実が明らかになっている最新の研究結果によると、もし地球の大きさが現在より約20%程度大きくするか、あるいはそれだけ少ないか、または知覚に含まれている鉄やニッケルなどの金属成分が今より少し多かったり、または知覚の厚さが今よりももっと厚くしたりした場合はプレートテクトニクスが正常に動作していなかったという。地球がこのすべての条件を満たしてプレートテクトニクスを正常に動作させていると言うどのくらいシンビロウンガ?

プレートテクトニクスが地球上の生命体にとって重要なもう一つの理由は、前述した地球磁場との関連性である。地球内部の液体金属核は温度の差があってこそ対流運動が起こるようになるのにもしプレートテクトニクスによって認識が動かなかったら、地球内部の金属核の温度が均一に維持されて対流運動が起こらなかった。つまり地球の磁場が形成れていないのだ。その場合には、生命体に脅威を与える有害な宇宙線が何制止もなく、地球上にあふれ入って、地球上の生命体の細胞を破壊し、また私たちが呼吸する空気を宇宙にダルアナゲ作ったのだ。

地球が適度な厚みの認識を持っており、その認識がプレートテクトニクスによって徐々に移動して、大気中に0.03%にしかならない二酸化炭素を循環させて、地球の自動温度調節器の役割をするように作るのがあまりにも神秘的ロプジか?