7。太陽系の掃除機である木星を適当な距離に抱えている地球

木星は太陽系の最大の惑星である。木星の存在が私たちの生活にどのような関連があるのか​​と疑問だが、木星も月と劣らず、私たちの生活に重要な役割を担う。私たちの太陽系には火星と木星の間そして木星軌道の近くにソヘンソンデが存在する軌道を離脱した小惑星と周期的または非周期的に太陽を訪問する彗星が地球に大きな脅威を与えることができる。このような小惑星や彗星、またはこれらの壊れた破片が地球上に落ちることを隕石と呼ばれ、今この時間にも、多くの隕石が地球の大気に落ちている。図1.11は、地球に落ちる隕石の大きさとその隕石がどのくらいの頻度落ちるを示す図である。直径1メートルほどの隕石は一時間に一つくらいで、数メートルの大きさの隕石は毎日1回程度とジプチェな10メートルの大きさの隕石は一年に一度程度、地球上に落ちる。大気に突入する隕石の直径が10メートル以下の場合、ほとんどは空気との摩擦により、大気中で燃え尽きてしまい、実際に指標像にどのような影響を与えないが、問題はそれよりももっと大きな隕石が地球に落ちる場合である。

図1.11 - 地球に落ちる隕石の大きさとその頻度を示すグラフ。 x軸は隕石の大きさであり、y軸はそのようなサイズの隕石がどのくらいの頻度落ちるかを示します。

これらの隕石が地表上に落ちれば、深刻な災害を引き起こす。実際に1908年にソ連ツングスカ地域から約60メートルの大きさの隕石が落ちて指標で爆発をしたが、その衝撃によって、ソウルの面積の3倍程度となる地域で約8000万本の木が倒れたとする(図1.12参照)。このサイズの隕石は1世紀に一度程度損ない、その爆発力は広島原爆1000個に相当する。 100メートルサイズの隕石は千年に一度くらい、1kmサイズの隕石は百万年に一度くらいのそして白亜紀の言葉6千5百万前にメキシコのユカタン半島に落ちて、地球上の恐竜を絶滅させた約10kmの大きさの隕石は1億年に一本程度が落ちる。 100mの大きさの隕石が落ちたら、約1kmほどの隕石ピットが生じ、数百メガトンのTNTを抜いたような衝撃を与え、我が国ほどの土地を焦土化させてもしその隕石が海に落ちた場合、巨額の津波により海岸にあるほとんどの都市が水に巻き込まれる。

図1.12 - ツングスカに落ちた隕石のなす方向に倒れた木々

木星が地球上の生命体に重要な理由は、このように地球に大きな脅威を与える隕石を、私たちの地球の代わりに吸って地球を守ってくれる盾の役割をすることにある。これが可能な理由は、木星の質量が地球に比べて320倍もカーソルそれだけ重力が世紀からである。計算によると、直径が1km以上の周期彗星の場合、木星が地球よりも約5000倍程度の彗星をよく取得するためにもし私たちの地球の近くに木星がなかったら、このような彗星が木星の代わりに私たちの地球に落ちて甚大な被害を与えたのだ。木星の大重力が実際に彗星を取得する長官が1994年に繰り広げられた絵1.13上部は、木星の重力によって捕獲され、複数の部分に壊れたシューメーカー - レヴィ彗星をハッブル宇宙望遠鏡が観測した画像であり、図1.13の下ではこの彗星の衝突された作品を木星が掃除機のように吸い込んで木星の表面にぶつかる場面を観察した写真である。写真の茶色に見える部分が彗星の部分がぶつかった点だが、ぶつかった彗星の中で最も大きな部分は直径が約2kmほどもしこれが木星の代わりに私たちの地球に落ちた場合、北米大陸ほどの土地を焦土化させることができる威力だった。


図1.13 - シューメーカー - レヴィ彗星の衝突された姿(上図)と壊れた彗星破片が衝突した様子(下の図)。木星の下の黒い部分が衝突した跡だ。

私たちの地球の近くにこのような木星が存在して隕石の衝突から私たちを保護してくれるなんてなんと幸いか?ところで一つの重要な事実は、木星が地球から、今よりも遠く離れていたか、または今のサイズより少し少なかった場合、地球のように大きな脅威を与えることができる多くの隕石をよく捕獲しなかっただろう。適当な大きさの木星が地球から適当な距離に存在しており、地球にぶつかる危険天体を代わりに取得して、地球上のすべての生命体を保護すると言うのシンビロウンガ?