4。とても少なくも大きくもない適度な大きさの地球

地球の大きさは、地球上に住んでいる人間の生存と密接な関係を持っている。私達がこの地球上に住んで一度も深く考えてみなかった地球の大きさが、私たち人間の生存に重要な影響を与えるという事実が不慣れに聞こえるませんが、地球の大きさは、人間だけでなく、地球上のすべての生命体に大きな影響を与える。その後、地球の大きさがどのような影響を及ぼすのか、一度調べてみよう。

もし地球が今よりも2倍少なければ、どんなことが起きるだろうか?この場合、地球の質量は半径の3乗に比例するので、1/8に減少し、地表面の重力は質量に比例して半径の二乗に反比例するので、今よりも半分に減る。私たちが毎日息をしている地球の空気は質量を持っているので、地球の重力の影響を受けることになる。したがって、地表面近くに空気の密度が高く、上層大気に上がるほど空気の密度が希薄でいる。高い山に登ると酸素が希薄になることを考えると理解が容易である。ところが、地球が半分になると、重力が少なくなって、地球脱出速度が減ることになる。その場合、空気の粒子の自由運動の速度が地球脱出速度よりも大きくなる状況が生じて、多くの空気が大気にダルアナゲされる。こうなると、地球上には空気が徐々に希薄になって空気で呼吸するすべての動植物は、生存する事ができなくなる。がいかに深刻な問題なのか?

実際に地球の半分にしかならない火星では少ない重力によって空気のほとんどが宇宙に逃げて、現在残っ空気は地球の1%程度しかならず、地球の1/4にしかならない月には火星よりも少ない重力によってずいぶん前に空気が宇宙外だ逃げてしまい酸素ボンベなし生きることができない。重力が少なくなると空気がなくなるほか、私たちの身体にも変化が起きるようのに宇宙飛行士は重力が弱い宇宙空間に行けば関節が増えナドゥトイ人々のキーが弱い重力により、今よりももっと大きくなり足つきは重力少ない月でのアポロ宇宙飛行士のようにカンチョンカンチョン走る足つきになるだろう。マッチ棒のようにビチョク痩せている人がウサギのようにカンチョンカンチョン走り回る面ばかげ光を伴うだろうか?ところが幸いなことに創造神は、神のかたちに、崇高に作成された私たちがこのようなウス光な姿にならないよう、地球を適当な大きさにして置きれた。

反対にもし地球の大きさが今よりももっとカットたらどうだろうか?地球の大きさが大きくなって惹起される問題も、地球の重力と関連付けされている。地球の重力が大きくなると、水素やヘリウムなどの軽い気体だけでなく、体に有害なアンモニアやメタンなどの気体が宇宙に脱出をできずに待機になって積もるようになる。こうなると重力が大きい木星のように、地球の大気成分が変わるのに、生命活動に必要な酸素より体に有害なメタンのような有毒ガスがたまるされて完全に生存自体が不可能になる。

地球の大きさが大きくなって生じるもう一つの脅威は大きくなった重力により今よりもはるかに多くの隕石を地球に引き寄せ、私たちの生存を直接的な被害を被らせるようになるという事実である。隕石が今よりももっと離れた場合隕石がどこに落ちるかの隕石予報が天気予報よりも大きな比重を占めるようになるだろう。外出時には、すべての人々が厚いヘルメットを着用すべきことだ家や自動車はすべてツ厚い鉄板で武装して落ちる隕石に備えなければならないだろう。また、地球の重力が大きくなると重い重力を勝ち歩いて通うためにすべての人々が象の足のように頑丈な足を持ってぶらぶら歩くことになるだろう背もよく育たなくなるだろう。

地球の表面重力世紀によって決定される空気の粒子の密度は、気候パターンにも影響を与えることががあります。地球の大きさが今より大きく、重力が数えたら空気粒子の密度が大きくなり、粒子間の衝突が頻繁に起こるようになる。この場合、粒子間の衝突によって熱エネルギーの交換が容易に起こるので赤道地方に集中太陽熱エネルギーが寒い陽極上ですぐに配信される。そうなれば、赤道地方の気候は今よりも暑く極地ではあまり寒くなって極地方に凍っていた氷河が溶けて地球の多くの部分が水に浸かるあろう。その場合、人間が暮らせる土地が減る副作用が生じることになる。逆に重力が少なく、空気粒子の密度が少なければ、粒子間の衝突が少なくなり、熱交換がほとんどされず、太陽が当たる場所では非常に暑い夏がそのすぐ横にある陰は非常に寒いのだ。この場合、赤道地方の温度は人間が生きるないほど上がって赤道付近の海の温度も一緒に登って大雨と膨大な威力の台風が頻繁に発生して気象災害を引き起こす可能性だ。一方、極域は今よりもはるかに寒くなって、人間が快適に暮らせる土地が、やはり減る現象が発生するだろう。

これ地球の大きさに依存する空気粒子の密度も私たちの生存に重要な影響を及ぼしますが、空気を構成している成分も、私たちの生活に多くの影響を与える。もし現在の大気の21%を占めている酸素の量が今よりも少なければどうだろうか?そうなれば当然息が大変だけでなく、多くの酸素が要求されるスポーツ活動は決してできない制限的な人生を送るだろう。頑丈な橋があるのに思いっきり走らずナジュマクした野山に登山を行くのにも酸素ボンベを負って行かなければならなら何の不便だろうか?

一方もし酸素が今よりも多く存在したらどうなるか?この場合、新鮮な酸素をたくさん飲み休むおり、いいのですが、多くの酸素により、地球は常にブルナンリをギョクゲであろう。例えばキャンプを行ってキャンプファイヤーをすると考えてみよう。酸素が少なければ火がないついて心配だが、酸素が多いと、火があまりよくついて燃える時間が短すぎて困難を激だろう。溶接機の火花が鉄を切ることができるのは、持続的な酸素の供給に火力が高くなって可能なことである。したがって、酸素が過剰に多いと木に火を与えられても燃焼時間は短く火力は高く鍋でご飯を吠えたらかなりの技術がなければ、常にサムチュンバプを建てるものであり、日常生活においても容易に火花が引火して、どの公務員も消防公務員がより多いだろう。

酸素が多く生じるもう一つの問題は、酸素原子3個が集まったオゾンが過度に多く生成されるという点だ。オゾンを呼吸中にたくさんがオンすると、私たちの肺に損傷を与えて危険であり、特に呼吸器疾患のある人には致命的である。このような理由オゾン注意報が発令されるが、オゾンが過度に多い場合は、外出時に誰もがみな、オゾンを浄化してくれるマスクをしていかなければならかも知れない不快な世の中になるだろう。

例えば、我々の地球サイズは現在と同じだが、地球に住んでいる私たち人間の体が今より少なかったり大きい場合、どんなことが起きるだろうか?もし私達の体が今よりも半分程度に少ない場合猛獣たちの危険性がより多く露出されるべきであることができなく、家の周りの犬たちでさえも警戒の対象となることである。風がひどく強い日は外出時倒れないように必死に努力をすべきであり、洪水が起こった場合水流に流さドル行かないようにもっと気を付けなければならない。体が少なければ、この比例して頭のサイズも少なくなって、今よりも頭が発達していなかったであろだろうこれ発達した現代文明に到達する時間が多くかかっていたり、全くこのような現代文明を成すもなかったであろう。

逆に人間の体が今よりも2倍程度カットたらどうだろうか?大柄今より2倍大きい体の体重は8倍に増え、食べる量もその分増えるだろう。簡単に考えて現在の私の家族が必要とする食料や衣類を含むすべての生活必需品が8倍多く必要であれば何の副作用が続くか? 5人の家族がいる家の中なら40人の家族が一緒に住んでいる効果と同じものであり、世界的に見れば、地球上には約480億(60億x8)人の人口が住んでいるかのようだ。こうなると今ごろ地球上の多くの資源や食糧が枯渇しただけでなく、大気汚染やそれに伴う温室効果により、人類は破局に駆け上がっていたのかもしれない。

私たちの地球がとても少なくても大きくてもない適度な大きさを持って適切な量の空気を持っており、また、空気中に適量の酸素が含まれており、そこに住んでいる人間の体も適当な大きさを持って快適な生活を維持することができると言うなんと幸いか?

図1.6 - 太陽系内の惑星の大きさ比較資料。惑星が地球より大きい場合、有毒ガスを大気中に多く含む惑星がされ、その逆の場合、重力が少なく、空気を持たない。