3。適切な自転速度と公転速度を持って回っている地球

人間の生体リズムとそれに伴うすべての社会的活動は、私たちが住んで地球の自転速度に絶大な影響を受けている。地球の自転速度は24時間で昼と夜が12時間ずつです。だから一日約8時間働いて8時間ぐらいは余暇生活をして8時間程度は睡眠を取ることができる非常に理想的な時間システムを用意してくれる。しかし、地球とは異なり、太陽系内の惑星の自転速度はまちまちだが、我々は地球に住んでおらず、他の惑星に住んでいる地球上でとはまったく別の生体リズムに続く。

木星からの自転速度は地球よりも短い10時間程度なので、昼と夜が約5時間程度となる。私たちがこのような木星の自転パターンに合わせて生きて行くには、約3時間程度は働いて3時間くらいは暇な時間を持って3時間くらい寝あろう。退屈しない良さそうだが、朝食べて仕事しようと起きると、ソウルのように車が詰まっている場合は会社に到着する前に退勤時間になって再び家に戻ってくる場合が生じて家に来て夕食を食べて少し休もうとするとすぐに寝る時間であり、またトンボに横になって少し寝返りであれば、すでに朝日が昇る非常に奇妙で非生産的な惑星に住んでいるのだ。

しかし、このような不便さよりも深刻なのは、環境の変化である。地球上で風が生じる原因は、気圧硬度力、摩擦力、そして地球の自転によるジョンヒャンリョク(コリオリ力)の相互作用によって発生することになる。ところが、私たちが自転速度が今より2倍以上速い惑星に住むなら自転によるジョンヒャンリョクも一緒に大きくなって風の強さがより一層数えれるようになる。コリオリ力は極よりも赤道地方で最も大きいが、台風の時期とマトムルリミョン今よりももっと強力な台風を合わせてされて農作物被害や洪水による被害がさらに深刻になるだろう。

逆に、我々は自転速度が遅い惑星で買うならどんなことが起こるだろうか?金星での自転速度は243日であり、昼と夜が約122日程度となる。このような惑星で、地球のように昼間に経済活動をして夜に眠る生体リズムを伴う場合、80日程度は働いて80日程度は余暇生活をし、80日程度は睡眠をする。私たちがピッチできない事情で夜を立てて仕事をする場合、その翌日には、非常に疲れたの80日間休まずに仕事をしたり継続寝ているのは、人間が持つ体力的にほぼ不可能になるだろう。したがって、長い一日の時間を働く時間、休み時間、寝る時間に分けて生活しなければなら別の奇妙な惑星での生活になるだろう。

ところが自転速度が遅い場合、上記は比較にならないほどの深刻な問題が発生する。地球の内部には金属でできた核が存在し、地球の自転に基づいて、金属核の対流現象が起こるようにされ、その結果として強力な磁場を発生させる。ところが自転速度が遅い対流現象が起きないようになって磁場が発生していない。この場合、宇宙から来る有害な放射線を防いでくれる、自分盾(半アランベルト)が形成されず、生命体が生きることができなくなる。

惑星の自転速度だけでなく、惑星が太陽の周りを一度回る時間である公転速度も生命体の生活パターンに大きな影響を与える。地球の公転速度は365日、年間に約3ヶ月単位で春、夏、秋、冬を持つことになる。もし私たちが水性でのように公転周期が短い惑星に住んでいる場合はどうか?水性の公転周期は地球の1/4である約88日として春、夏、秋、冬が22日周期で変わることになる。季節が約3週間周期で変更した場合、急変する季節に適応するために、今よりもはるかに面倒な人生を生きるだろう。地球上のほとんどの農作物は種まきをして作物を取り入れるのに一年がかかる。ところが、季節が3週間単位で急激に変化する場合、作物が実る時間が十分でないならだし、少し熟してもすぐに来た冬が凍ってしまうだろう。その場合、人間の生存に直接影響を及ぼす食糧不足の事態を引き起こす可能だ。

逆に、公転周期が164年の海王星に買うならどうだろうか?これは春、夏、秋、冬の長さが約40年ほどずつされてほとんどの人々は生涯を通じて、二つの季節が満喫できるだろう。もしある人が、秋の端の裾に生まれたならば、彼は生涯を通じて寒い冬と春の生え際が合う見去らなければならおり、春に生まれた人がいるなら、春と夏を一度だけ経験して秋と冬はどのように生じたかもしれない去る惜しい人生を生きるだろう。しかし、これよりももっと深刻な問題は、人間を含む動植物の生存への影響だ。公転周期が一年の地球でも平年よりも冬が長い場合は、多くの動植物が寒さと飢えで凍りつい死ぬのに、今よりも40倍も長い冬を迎える場合は、寒さとグムジュリムに多くの動物が絶滅するだろう。私たち人間の場合も、冬40年の間に農作物を栽培することができない場合は食糧不足で生活に大きな影響を受けるだろう。

我々の地球の自転速度が24時間なので適当な時間の間働いて適当に休憩して適切な睡眠をとることがあり、また、公転周期が一年なので、一生涯を通じて3ヶ月単位の美しい四季を満喫できるということがどれだけ大きな祝福ですか? 地球が偶然にこのような自転と公転速度を持つようになったがより創造主の神のデザインという考えが強くかかりか?