2。適切な角度で傾いている地球

私たち地球の自転軸はまっすぐに立っておらず、約23.5度傾いている。どんな物でも必ず整理されているビューがいいように、地球の自転軸もまっすぐすぐに立っている表示いいのになぜ斜めに傾いたのだろう?結論から言えば、これ斜めに傾いた自転軸により、我々は、四季折々の厳しい気象異変がない穏やかな気候を持つことができます。

ところがもし地球の自転軸が全く傾いておらずまっすぐに立っている場合はどのような現象が起こるだろうか?この場合、地球上の任意のポイントであろう一年四季折々のいつものような世紀の太陽の光を受けることになる。たとえば、図1.4に示すように、赤道地方に住む人々は、地球が太陽の公転軌道上のどの地点に位置しても、太陽が常に中空でギラギラ降り照射今よりもはるかに暑く熱い夏だけ持つようになるだろう逆に地球の極地方に住む人々は今よりもはるかに寒い冬が続く気候を持つようになるだろう。そう今よりずっと暑い夏とはるかに寒い冬を持っていたら人間が快適に住居することができるスペースが減って住宅問題とそれに伴う環境問題が深刻に台頭するだろう。

しかし、これよりもはるかに深刻な問題は、気候変動に伴う異常気象現象である。夏にたくさん訪れる台風はその発生地である赤道地方の海面温度が約27度以上にならなければ発生条件が備えることになる。したがって、台風は通常、赤道地方の海面温度が高い7-8月に頻繁に発生するようになる一度台風が発生すると、台風の進路の海面からのエネルギーを得て台風の勢力を育てていく。台風の進路の海面温度が低い場合、台風が勢力を失って弱体化しますが、エルニーニョ現象などにより、海面の温度が高い場合、より強力な台風に発展する。ところが、自転軸が傾いておらずまっすぐに立っている場合赤道地方の海面温度はいつも強力な台風を発生させる条件を持っており、一年中台風を発生させる。また、海面の温度が高ければ、海水の蒸発も増え台風と一緒に大きな洪水被害も伴う。我が国の場合、夏一二ヵ月の間にギョクヌン台風の被害も深刻だが、一年中今よりももっと大きな台風と大きな洪水が押し寄せてきた場合はどのように大きな被害をもたらすかわからない。農作物は全く育たない食べることが少なくなっあり、常に続く水騷動を避けて山の頂上に住むかもしれない。

図1.4 - 地球の自転軸が傾かなかった場合、地球上のどの地点でも一年にただ一つの季節だけ持ち赤道地方は今よりもはるかに暑く極はずっと寒い。

一方、図1.5のように、地球の自転軸が90で傾いている場合はどうなるのか?この場合、赤道地方に住む人々は、地球の位置が公転軌道上のA点とC点にあるとき、それぞれ一回ずつ二度の非常に寒い冬を迎えるれBとD地点でも、それぞれ一回ずつ二度の非常に蒸し暑い夏を迎えることになる現象をギョクゲなるだろう。また、北極地方に住む人々は、6ヶ月間はナトマン続いて、残りの6ヶ月間は夜のみ続く現象をギョクゲされ、地球の位置がA地点にいる時は非常に熱い夏の天候をC点にあるときは、非常に寒い冬の天気を持つようになるう。南極地方の人々も6ヶ月の差で北極と同じ気候パターンを持つようになるがC地点で日が沈まない熱い夏をA地点からいつも夜の寒い冬を迎えることになる。

いつも昼も夜だけ続く場合は、いつ仕事をして、いつ寝ている時間を調整するのが曖昧な上にとても暑かったり寒く、通常の経済活動や社会活動をするのが難しいのだ。また、極域で非常に寒いときは氷河海水が凍った状態で存在して6ヶ月後、同じ場所に非常に暑い夏が来れば凍っていた氷河が溶けて降り海面が定期的に高まって地球上の多くの部分が水に浸かるなる。たとえば、今の南極の氷河がすべて溶けた場合、海面は平均60メートルほど上がって海岸の都市はほとんど水に浸かる。また、氷河が溶けた冷たい物が周囲の海に大量押し寄せた場合、海水の温度と海流を変えラニーニャ現象のようなさまざまな気象異変を起こし、それに伴う急激な生態系の変化をもたらすでしょう。

図1.5 - 地球の自転軸が90度傾いた場合赤道地方は二度の夏と冬を持つようにされ極地は一回の非常に暑い夏と寒い冬を持つことになる。

私たちの太陽系の水星や木星の場合には、自転軸がまっすぐすぐ立っていて(水性0度、木星3度)天王星の場合には、自転軸が98度傾いていますが、私たちが生存台内に位置していてもそう自転軸がまっすぐに立っていたか、それとも傾いた惑星に住むたら非常に厳しい自然環境の中で生きていくされたのだ。ところが、私たちがこのような惑星に住んでおらず、自転軸が23.5度そこそこ傾いている地域に住んでおり、適切な気候と美しい四季折々のを持つことができるようにたんじゃどれくらい幸いか?