1。太陽からの適度な距離に位置し、地球

私たち人間をはじめとする地球上のすべての動植物は水がないと生存できない。しかし、これ命に不可欠な水の惑星の温度が低くアールは状態で存在するか、または温度が高くなりすぎる熱く沸騰状態で存在する場合生命体の生存に不適合である。

太陽系の惑星配列は、一番内側から水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星が位置している。この惑星の表面温度は、理論的には、太陽からの距離の平方根に反比例しかし、実際には太陽からの距離だけでなく、惑星の大気に存在するかどうか、惑星の反射(Albedo)、惑星自体のエネルギー源が存在するかどうかに応じて、惑星の表面温度が異なってくる。今まで測定したり計算された各惑星の平均気温は水性が430度からマイナス170度金星が460度地球が17度火星が0度からマイナス90度木星が氷点下150度土星が氷点下180度、天王星と海王星この零下約220度程度である。太陽から遠く離れている金星での温度がそれよりも近くにある水星よりも高い理由は、金星では、二酸化炭素が主成分である大​​気の存在に起因する温室効果のためで水性では大気がない温室効果がないからである。水星や金星で太陽の光に照らされ部分は、その温度が400度を超えて行く前に、その惑星で水が存在したとしても高い温度でよって水が沸いて蒸発して、すでに宇宙でも逃げて、さらに逆地球より遠く離れてある惑星では、水があっても、氷の状態で存在して生命体が住めない惑星になる。

図1.1 - 宇宙から見た美しい地球の姿

このようにいくつかの惑星がその中心にある星から近づき、水が沸騰したり、または遠く離れて水が凍っているところおらず、適切な距離に位置して液体状態の水を持つことができる領域を存続台(habitable zone)と呼ぶ。私たちの太陽系内での生存代を計算してみると、その距離は0.95 - 1.15天文単位の間になる。 1天文単位は地球から太陽までの距離なのに、偶然にも私たちの地球は、この生存台の中央に位置しています。したがって、地球が現在の位置よりも太陽に向かって5%だけより近いであっても、すべての水が沸いて上がった15%程度より遠かっても水が凍って地球は生命体が存在する惑星がされなかっただろう。

図1.3は、太陽系内の生存台を表示したもので、地球公転軌道の周りに緑色で表示された部分が生存の立場である。その外側の円は、火星、木星、土星、天王星、海王星の公転軌道を表し、最も外側の海王星までの空間内での生存代が占める面積の割合は、ただ0.05%にしかならない。しかし、図に示す生存代だけで水の沸騰凍らない領域を表示するだけで、実際に人間のような高等生命体が生存することができる領域はこれより少ない映像5手伝っ50度の間の領域である。なぜならあまりにも寒すぎず、暑い、深刻な気象災害により、私たちの生存が脅威を受けて、最終的には生存に不可欠な農作物の栽培が不可能で、地球上で生きていけるんだ。

図1.2 - 太陽系内の生存台(緑)を表示した図。地球だけが生存台に位置し、生存代外側の円は火星、木星、土星、天王星、海王星の公転軌道である。

ところがもう一つのすばらしい事実は、地球が存続台に位置していても、地球の軌道が太陽を中心に円掛図(図1.3の実線)がなく、楕円軌道(図1.3の点線)を回っていたら、地球上で生存することができなかっただろう。なぜなら地球が太陽に近いBとD点では、地球上のすべての海の水が沸騰ほど暑く、太陽から遠いAとC地点ではすべてが凍っほど寒い氷の惑星になるからである。

図1.3 - 地球が中心の太陽からの生活大(緑色の部分)に位置していても楕円軌道(点線)に回す場合、A、C地点では水が凍ってB、D地点では水が沸騰現象が発生して生命体が存在することができない。

ところが幸いなことに、地球はほぼ元に近い軌道で公転しているため、そんなことは起きていない。このように私たちの地球が寒くも暑くもない生存台の中央に位置しており、地球の軌道が円掛図であることが偶然の一致だろうかそれとも創造のデザインなのか?