5。動物の本能に内在された創造摂理

コンピュータは、ハードウェアとソフトウェアがあるのではなく、その中間の形態であるファームウェア(Firmware)と呼ばれるものがあり、これは、コンピュータの電源を入れたときに起動されるBIOS(BIOS)プログラムを指す。 BIOSのプログラムは削除できないロム(Rom)やフラッシュメモリに保存されているもので、コンピュータのハードディスクや入出力装置を制御するプログラムが入っている。つまり、コンピュータを作った人がそのコンピュータがどのように動作する必要があるかを指示する事項が一つ一つ記録されていることが生命体にとって本能のような役割を果たしていると見ることができる。 ほとんどの進化論と創造論は、ハードウェア的な側面を持って比較しており、ここでは、ファームウェアと同様生命体の本能的な側面を持って比較してみましょう。生命体に内在されたが本能が生存のためにどのように移行するか左官蜂とウィーバー、新しい(Weaver bird)の家作りで見てみましょう。

a)左官蜂の家作り

左官蜂の家作りはファーブル昆虫记に詳しく記載されている内容をまとめると次の通りである。左官蜂は川沿い砂場の平らな石を選んだ後、その上に針でこねた土のを運んできてドーナツ形にのせて丈夫な家を建てる。そして、建てられた家に蜂蜜と花粉を満たし卵を一つ産んだ後、家の入り口を塞いでしまう。ところが、蜂が家作りの最初のステップであるドーナツを積んで基礎を作った後、再び土のを取りに行った時家作りをほぼ終えた他の蜂の家と引き換えに置くと、土のをくわえて帰ってきた蜂がそれを見てどのように行動をするか?その場合土のを捨てて、ほぼ完成された家に蜂蜜を満たすことは正常に動作かもしれないがそうせずに完成された家の上に持って来た生地を塗って家作りを続けている。

図17。完成された家に生地を塗って家作りを続けている左官蜂

逆に、家が完全に建てられ蜂蜜が保存されている家を蜂がないとき、基礎工事が完了した家と​​引き換えにおいたら蜂蜜を集めて家に帰ってきた蜂はどのように行動するか?インポートされた蜂蜜を下に置き、代わりに土練りをもたらすが家を完成させるよりすぐあふれるほどの低い家に加え、引き続き蜂蜜を保存します。この二つの実験を見れば蜂は変化している状況とは関係なく本能の中に内在されたプログラムに家作りを続けた後、蜂蜜を集めるために入って、その順序を変更することができないということを知ることができる。

図18。基礎工事が完了した家に蜂蜜をずっと保存する花蜂

ファーブルが行った本能に関連した別の実験では蜂が蜂蜜を蜂家に満たす順序と卵から目覚め蜂の行動だ。 蜂が蜂蜜を持って家に到着すると、まず蜂蜜ポケットの中の蜂蜜を吐いしようと蜂家の中に頭を入れる。その後、蜂蜜を吐き出して頭を引いた後の代わりに尻を入れて体に付着した花粉を払い落とす。ところが、蜂が蜂家に蜂蜜を吐き出して尻を入れた瞬間、尻を釘入れること、家の外追い内面蜂は再び飛んできて、少し前に蜂蜜を吐いて体の中の蜂蜜ポケットが空にもかかわらず再び頭から先に入れて蜂蜜を吐いた後、尻を入れる動作を繰り返す。

図19。 蜂は蜂蜜を先に吐き出し、その後尻の花粉を払い落とす。

図20。花粉を払い落とす蜂を妨害すると再び蜂蜜を吐いて花粉を荒らし始める。

蜂が卵から覚め密封された家を突き抜けて出てくる行動も同様の本能を観察することができる。左官蜂は家作りが終わったら蜂蜜を詰めて、その上に卵を産んだ後、家の入り口を塞いでしまう。詰まってた入口はセメントのように硬いが知っているから目が覚めた成虫はすぐに大きくて丈夫な顎で、その堅い壁を突き抜けて外に出た後、蜂蜜をお探しの方飛んでいく。ところが蜂家の入り口に円錐形の紙蓋を被せおけば硬い壁を突き抜けて出てきた成虫はどのように行動するか?セメントのように硬い壁を貫通することができるあごを持って出てきたそれよりもはるかに多く打つこと容易な紙のふたにぶつかったら紙蓋を開けうとする努力を全くせずにそのまま飢えて死ぬ。ここで分かることは、蜂は生まれてすぐに硬い家の入り口を一度だけ突き抜けていくといくらでも花を見つけ飛ぶことができる空間が広がるだろうと期待が本能の中に内在されていることが分かる。しかし、思いがけず紙に詰まった小さな空間に遭遇すると、その次には、どうすべきか分からないまま飢え死にすることになる。この事実も蜂が生まれてなければならない行動が鋸歯のようにかみ合っており、本能による順番どおりに進まなければ、自然界での生存できないことを物語っている。

図21。家にぴったりついた紙はツルゴ出る円錐形の紙蓋はどうするか分からない飢え死ぬ。

b)ウィーバー鳥の家作り

アフリカや西南アジアで発見された黄色のウィーバー鳥の生息地を見ると、左官蜂が示されているような類似した本能を発見することができる。ウィーバー鳥ちょっと珍しい新築を建てるのプールを一つ一つムルオダが編んでひょうたんのような形の家を建てる(図を参照)。

この積み木の技術を置き、マレ(Marais)と呼ばれる人々が実験を行った。マレは、ウィーバー鳥を私たちに閉じ込め育てながら、産卵期に家を作っようにして卵を生むようにした。そのようにして生まれた子もジプジウルプールを提供せずに床に卵を産ませる実験を第四世代まで同じように繰り返した。その後、第五世代に生まれた鳥が育って産卵期を迎えることになると再び家を建てることができるプールを提供したが、その鳥は本能的に映像の巣のような家を作り始めた。どのように一度も見たことがなく、どのようにするかわからない家の設計図を示すように、そのように完全に建てることができるか?

図22。ウィーバー鳥の巣

ここでは、コンピュータを作成し、そのコンピュータがどのように動作するか記録したファームウェアと蜂とウィーバーの鳥を創造され、自然界でどのように生きていくか本能の中に記録した創造主の設計が同じ概念であることを知ることができる。

この事実は続きとウィーバー鳥が進化の産物ではなく、創造主の設計による創造の産物であることを示す。