3. 天文学的に明らかになった宇宙の創造と聖書に示された宇宙の創造

宇宙はどのように作成さだろうか? 誰もが一度持つようになるが原初的な質問について天文学的には、どのような事実が明らかになり、いくつかの宗教と聖書では、どのように記録されているかどうか調べてみよう。

a)天文学的に明らかになった宇宙の創造

天文学的に明らかになった宇宙の創造の過程を調べるために、まず私たちの宇宙の構造を簡単に調べてみよう。 宇宙は私たちの想像を絶するほど大きい。私たちが属している太陽系は太陽と呼ばれる星と地球を含む8つの惑星は、その外側のカイパーベルトと太陽系外のオート雲などを含んでいる。オート雲を通って太陽系を離れると、一番最初に会うごとにプロクシマ強いトーラスで約4.2光年(1光年=光が一年の間走った距離)離れている。この距離を飛行機で走ると約450万年かか​​る。図10に示された我々の銀河系は、太陽のような星は約2千億個らせん状に集まっているが、その半径は約4万5千光年であり、飛行機で走れば約1千1百億年もかかるほどの膨大なサイズである。

図10。我々の銀河。飛行機で銀河をボトオナたが、約1千1百億年かかる。

我々の銀河をボトオナで会うことになる最も近い銀河はアンドロメダ銀河で、私たちの銀河から約250万光年離れている。我々の銀河と分かるとメダ銀河は45個程度の銀河が重力に縛られた局部銀河群に属しており、局部銀河群は、再び2千5百余りの銀河が集まっている局部超銀河団に属している。局部超銀河団を離れると、複数秒銀河団を会うのにこの程度進んで行くと、宇宙の全体的な構造が徐々に現れ始めている。我々の宇宙は物質が泡状に存在する泡の中には物質がほとんどない共同(void)であり、銀河のように輝く物質は泡の表面に沿って分布している。

図11。空で最も明るく見える6万個の銀河を投影した様子。中間の暗い部分は我々の銀河系に隠れて観測にならない部分だ。銀河が群れされている構造を示す。

このような構造を持つ宇宙は今から約137億年前の無限大の質量密度を持つ1特異点爆発(Bigbang)から開始された。爆発直後、約10-43秒されたときには、光のような相対論的粒子が宇宙に充満して無秩序に動いていた宇宙の年齢が10-37秒程度になるまで、宇宙を支配するすべての力が統一された大統一の時期を経ることになる。その時期を過ぎて10〜35秒から10-32秒の間では、宇宙の大きさが1050倍に急激に膨張する時期を通すようになるこの時期をインフルだってン時期と呼んで、この時期に形成された空間が今、私たちが見る空の基礎を形成した。その後、宇宙は電気略歴時期、クォークの時期、川粒子時期、ギョンイプジャ時期、および核合成時期を通すようになるこの時の光の時代と呼ぶ。光の時代を経て物質の時代に入り、宇宙の年齢が約30万年程度と再会時期を通すようになるこの時形成された物質が基礎になって、我々が見る星や銀河が生成されました。 星や銀河が生成された後の宇宙は、目に見えない暗黒エネルギー(dark energy)によって銀河の距離が互いに離れるにつれ加速膨張をしているのが現在の宇宙の状態である。

図12。ビッグバンを図式的に表した図。宇宙は生成されると、やめよう光に満ちなった。

b)複数の宗教に現れた宇宙の創造

聖書で記録された宇宙の創造を説明する前に、他の宗教では、宇宙の創造をどのように言及しているかどうか調べてみよう。前述したビッグバンによる宇宙創造のプロセスは、最近の天文学的な理論と観測によって明らかになった事実に、複数の宗教が創始される時期には、私たちに知られていなかったという事実である。しかし、もし本当に宇宙を創造した創造がでしたら、その創造主は、宇宙がどのように作成されていることを知っていたものでありその創造の言葉を記録した経典には、宇宙がどのように作成されているかの小さな言及もあると思う。すなわち、宇宙の創造のための正しい言及如何がどのような宗教が真の宗教であることを分かるした検証方法になることがある。

まず、仏教では、宇宙の創造をどのように言及するか調べてみよう。仏教では、宇宙の起源をアップで説明している。初めの宇宙には、再生のオプリョクがあった、それに応じ虚空に風が吹き始めて、風の車輪であるプンリュンが生じ、その後水車輪のスリュン、土地の車輪であるジリュンが生じ、ジリュン上に須弥山が湧いて須弥山を中心に四つの大陸と九つの山八海が生まれたという。須弥山付近の四つの大陸とは東の勝新竹、西の寓話州、南の島不注意、そして北の球株で、我々人間は、南の島不注意に住んでいるという。宇宙の中央に位置し、須弥山は高さが110万kmほど地球から月までの距離の約3倍の高さであり、山の半分は水に浸っていて半分は上そっと働いた太陽と月と星が須弥山を安く虚空をぐるぐる回るという。

以上見てきた仏教の宇宙創造のプロセスを詳細に見ると、私たち人間が住んでいる地球的思考を背景にしていることを知ることができる。地球上の風、水、地、山、および海を述べて宇宙の創造とその構造を説明しているが、これは現代天文学が明らかにした宇宙創造のプロセスと宇宙の構造とはあまりにも違う姿だ。また、須弥山は以下の4つの大陸の位置を東西南北に説明するが、この東西南北の概念は地球だけで成立して地球を離れると全く意味がなくなる。例えば、ソウルから見た独島はいつも東側に位置しているが、宇宙から見た独島は地球の自転によって12時間後には、その反対側の西になってしまう。これは太陽が朝には東から浮かんで夕方には西にいることを考えると、簡単に理解できるだろう。しては、地球外のような点にじっといるのに、地球の自転によって海の方向が東となったが西になるだろう。

したがって、任意のオブジェクトを東西南北に示すのは、地球上の物体にのみ適用される地球的な思考であり、宇宙のあらゆる物体を指摘するには適していがない。また、地球の刺激は平均で約25万年に一回南極と北極が変わる地磁気逆転現象が起きるのにこうなると、今の北は南になり、今の南は北に変わることになる。このように仏教で説明する宇宙の創造と構造は神のカテゴリーではなく、地球上の人間が考え出した事故で、実際とは距離が遠い。

ヒンドゥー教で説明する宇宙の創造も仏教と似ているが、我々の宇宙は絶対者であるブラマによって作成されたという。ブラマはヴィシュヌ神が水の上に寝ているときに、その腹から出てきた蓮の花に生まれブラマによって作成された宇宙は、中央に須弥山があり、その周りに輪の形の丸い地があり、そのうちの一部が、インドと説明する。

儒教での太極を宇宙万物の生成起源と思ってたの運行に基づいて、宇宙が作られたという。この期の運行とチュウィサンに応じて、自然と人間が作成され、機自分で作成、変更、消滅の力と秩序を備えていると道教の宇宙観である無為自然と相通ずる言葉だ。

中国の民間信仰における宇宙創造はゴッホの神話で説明される。ゴッホ信仰によると、宇宙は卵の中でした盤古が、その卵の中で寝てい目覚め後息苦しさを感じて卵の殻を過ぎに天と地が生成されたという。その後ゴッホは天と地が互いにオンキルことを懸念して、自分自身を犠牲にして、頭には空をであり、足は地を突破する。彼の息は風と雲となって、彼の声は雷がされており、左目は太陽が右目は月がそして彼のひげは天の星になったという。

イスラム教では、他の多くの宗教とは違って、宇宙の創造のための具体的な言及がない。ただし時の形式で書かれたコーランの16章3節を見れば、宇宙が真理で作成されただけ言及している。

以上のようにいくつかの宗教における宇宙創造について知ってましたが、天文学的に明らかになった宇宙の創造とは距離がモルミョ人間の思考を記述する哲学のカテゴリやか神話的な面を抜け出せずにいることを知ることができる。

c)聖書に記録された宇宙の創造

次に、今、聖書に記録された宇宙創造について調べてみよう。 聖書の最初の本創世記1章1節を見れば、

"初めに、神が 天と 地を 創造した(創世記 1:1)"

と具体的に、神が宇宙を創造された記録が出てくる。その後、宇宙創造の詳細な説明が続くが、創世記1章3節を見れば、創造の第一日、神様が行った非常に驚く>運事実が出てくる。

"そのとき, 神が「光よ. あれ. 」と 仰せられた. すると 光ができた(創世記 1:3)"

すなわち、神が宇宙を創造された最初の日は、光の創造から始めたと記述している。語>目が詩が私たちに少し慣れて聞こえないかこの詩は、私たちが前述したビッグバン宇宙の最初の事件と一致する詩である。ビッグバンによると、私たちの宇宙は、創造されるやいなや、光のような相対論的粒子で満たされた光の時代が始まったこれが創世記の宇宙創造初日の記録と正確に一致するものである。どのように驚くべき事実であるか?

ところが、別の驚異的な事実が次に繋がる。光の創造翌日の創造2日目の記録を見ると、

"こうして 神は, 大空を 造り...(創世記 1:7)"と記述している。

つまり、神が創造二日目に大空(スペース)を作成しましたが、これもやはり前節で述べた宇宙創造のプロセスと密接な関連がある。ビッグバンによって光が作成された直後の宇宙は、サイズが1050倍に急激に大きくなるインフレ時代を経ることになる。このインフレ時期に作成された空間が、現在私たちが見る空の基礎を成している創世記に記録された大空の作成はこの事実を正確に言及している。これもどのようにすばらしい事実ですか?

また聖書に戻って、創世記の記録を見ると、創造三日目には、土地、海、植物の作成、四日目には太陽、月、星の創造、第五日には、新しいと魚の創造、六日目には、動物と人の創造、そして七日目に、神は休息を取るたと記録されている。ここで一つ興味深い事実は、上記の創造順序が地質学的化石標本に表示される順序と基本的に一致するという事実だ。化石標本に対して炭素同位体年代測定を調べてみると、植物が最も古く、その次が魚類、そして鳥、動物、そして最後が私たち人間であるという事実である。

このように、聖書に示された宇宙創造の記録が現代の天文学、地質学的に足ヒョジン連帯の順序と一致して言うの、あまりにも神秘的な高騰ないか? ビッグバン理論は、1900年度初めにフリードマンがアインシュタインの重力場方程式を解きながら予見されハッブル宇宙望遠鏡によって銀河の赤方がが観測され、具体化され始めた。 インフレ理論は、1980年アラン・グースによって発表された宇宙の原理的な均一性(homogeneity)と等方性(isotropy)の問題をよく説明する理論として定着した。 ところが、宇宙創造の核心理論的なビッグバン理論とインフレの理論がすでに3,500百年前にモーセによって聖書に記録されていたという事実は、聖書が人間によって創始された他の宗教とは月 リー神の霊感によって記録された事実に基づいて本であることを明らかに示している。