人間は類人猿から進化したのか?

人類学では、母系の遺伝子を追跡して、現生人類のアフリカ起源説を提示している。アフリカで発見された最初の人類は、約350万年前に住んでいたアウストラロピテクスという。 私たち人間は、約235万年前にはアウストラロピテクスから分離されてホモ・ハビリス、ホモ・エレクトス、ホモサピエンス、そしてホモサピエンスサピエンスを経て進化したと主張している。 ピンチセの場合、200万年の歳月が流れても、まだピンチセに残っており、他の種類の新た変わらなかっただけ変わったといえばくちばしだけなのにチンパンジーのような類人猿この235万年の間に多くの物理的進化と巨大な知的進化を経て、人間に進化したということは、理解するのが難しいことである。

図9.私はサルから進化したのか?

この問題をもっと詳しく見るためにアウストラロピテクスから人間に変わるためには、どれだけの遺伝子変異が必要かどうか見てみよう。 そのためにはアウストラロピテクスと人間の遺伝子地図が必要である。 人間の遺伝子地図が、アウストラロピテクスの遺伝子地図がないとアウストラロピテクスの遺伝子が人間に最も近いチンパンジーの遺伝子と似ていると仮定してみましょう。 チンパンジーの遺伝子分析は、2005年に最初に行われたが、人間の遺伝子と比較してみると、約1.2%が相違が発見された。

親から次の世代に遺伝子が伝わるとき、約60個程度の遺伝コードにエラーが発生しているという。 この数字は、1億個のDNA文字のうちの1つの文字が変化される確率である。 一世代を25年としてアウストラロピテクスから人間まで進化するのに250万年がこるとすると、この期間中に10万世帯が流れロトゴ遺伝子変異は、10万乗算1億分の1である0.1%(1000分の1)の遺伝子変化が起こることができる。 この0.1%の遺伝子の違いは、現生人類の多人種間の平均遺伝子の違いと似ており、 チンパンジーレベルの類人猿が人間に進化するのに必要な遺伝子変異の約10%にしかならない。 したがって、250万年の間にアウストラロピテクスから人間に進化することはほとんど不可能であることを知ることができる。 この計算は、遺伝子変異が次の世代に利する表示されるという仮定の下で到達した数値であり、 少しでも有害な変異が一緒に表示される場合、人間に進化するには、さらに不可能数値に達するであろう。

前章で説明したよう最初の生命体がこの地球上にどのように生じたのかについての説明が不足して、環境の変化に対する遺伝子変異調節を進化と誤って解釈し、 先ほど説明したよう人間が類人猿から進化したと誤って主張する進化論は基礎が不安定で不良ヒ施工された理論であることを明らかに分かるがある。

これで、次の章では、生命体の生命の起源を、地球上ではなく、宇宙に目を向けて考えてみましょう。