進化論かそれとも環境適応論か?

現代進化論では、自然選択(nautral selection)、遺伝的浮動(genetic drift)、および変異体(mutation)などの概念に進化を説明している。 二重の進化の最も重要な要因は、自然選択であり、遺伝的浮動は副次的要因とみなす。 進化論の核心である自然選択は、ダーウィンがガラパゴス島のピンチセのくちばしの形の変化を見て立てた仮説である(下の図を参照)。 米国とスウェーデンの研究者は、2015年チャールズ・ダーウィン生誕206周年を迎え、ガラパゴス諸島に住むピンチセ15種120匹の誘電体(ゲノム)を分析した論文を科学誌「ネイチャー」に公開した。 この論文によると、ガラパゴス諸島のピンチセは200万年前から、ここに住んでいたALX1という遺伝子一つで表示される小さな変化がくちばし状の多様な変化を起こしたと発表した。

図5ピンチセのくちばし変化

突然変異は、生物の適応に利する(beneficial mutation)現れることもし害する(harmful mutation)現れることもある。実際に突然変異がどのような方向に表示されるかVesicular stomatitis Indiana virus(VSV)とした実験結果が下の図に示されている。結果を見ると、約40%が生存に致命的な方向に(fitness=0)、約31%が致命的ではないが、有害な方向に(0<fitness<1)、そして約27%がイロプジもなく有害でもない中立的な方向に(fitness=1)明らかになった。

図6突然変異の適応度分布 (distribution of fitness effects (DFE))

進化論は、自然選択や突然変異による小進化(種と種ほどの進化)が蓄積されて大進化(た種から他の種への進化)が起こると主張する。 そのためには一種の他の種に移動していく中間種の存在が必然的に存在しなければならない。 進化論者は輪状種(ring species)の概念に中間種の存在を説明したが、これは種と種ほどの中間紙ではなく、同じ種内で生物学的交配が起こらない種ほどの種である。 リング種として提示する種は、ヨーロッパのセグロカモメと西洋の再カモメ、エンシャターニャサンショウウオ、編みソルセなど、のに同じやがてで生物学的交配が不可能な場合のリング種に分類する。 つまり、韓綜と他の種との間の中間紙ではなく、同じやがてでの中間形態の種を指す。 ダーウィンも種と種ほどの中間種の存在しない、自分自身の進化を主張するのに困難があると種の起源第6章進化の難関において告白している。種の起源第6章の最初の部分を見ると、このように出てくる: "why、if species have descended from other species by insensibly fine graduations、do we not everywhere see innumerable transitional forms"。 ハングルに翻訳言うと、「もし韓綜が多数の変更をギョクオ他の種に変化した場合は、なぜ私たちはどこにも数多くの形態の中間種を見ることがないのか?」である。 この事実は、ダーウィンのジレンマとして知られており、 ダーウィン自身が進化論が何かが間違ってたことを認めている証明である。 したがって進化論が進化だと主張する小進化は進化の証拠ではなく、被造物が変化する環境に適応するための環境適応論的に不利であること。

地球の自転軸は23.5度傾いており、私たちに四季を持って多くれる。 このため、地球は25,400年周期で天球を一周度は歳差をするようになり、その結果として、赤道線が変わるされ、今の熱帯地方 この温帯地方では今の温帯地方に熱帯地方に徐々に変わることになる。 これに加えて41,000年周期の地球自転軸傾斜の変化(21.5度 - 24.5度の間)は、地球公転軌道離心率の変化があり弛み地球の気候は、定期的に広域的な変化をギョクゲされ、これをミランコビッチ・サイクル(Milankovitch cycles)という。 地球に氷河期が生じる理由も、このミランコビッチ周期説と密接な関連がある。 地球に、このような広域的な気候変動が生じたら、地球上の生命体の遺伝子発現が調節され、これに適応できるように形が変わることになる。 これは創造主の神が生命体のDNAの中に隠されておかれた環境適応で進化論ではない。 このような適応のために生命体がミランコビッチ・サイクルを経るも消滅されず、これまで地球上でよく生存してきた。

図7ミランコビッチ・サイクル

次の図は、変化する環境に対して生命体の遺伝子発現がどのように進行されるかした例を示している。 人間の皮膚が紫外線にさらされると、がん抑制タンパク質であるP53タンパク質の転写因子が活性化ドァンダ。 その後、POMCと呼ばれるメラニン生成遺伝子発現が誘導されて、これはACTHと呼ばれる副腎皮質刺激ホルモンを生成し、生成されたACTHはMSHと呼ばれるメラニン細胞刺激ホルモンを生成することになる。 このようにすると、MC1R受容体の中でメラニンの合成が誘導され、メラニンが生成され、皮膚を紫外線から保護することになる。 このプロセスは、変化する環境に遺伝子発現が短期間に起こる良い例である。 エスキモーは寒さを倒すために暖かい革の服を着る唯一の寒さにさらされている部分が顔の部分である。 したがってエスキモー人には顔の部分の脂肪含有量を調節する遺伝子がよく発現され、他の人種に比べパムチョクの脂肪量が非常に高く現れ頬が少しふっくらと見える。 これも変化する環境に対して遺伝子発現となる良い例である。

図8皮膚が紫外線にさらされたときに、メラニンの遺伝子が発現されている例

同じ種内で遺伝子発現が急激に進行されて分化が起こった良い例を以下の図に示されたホッキョクグマある。 米国リンドクイビースト(Lindqvist)博士の研究チームは、2004年、ノルウェースバールバル諸島で発見されたホッキョクグマの化石の細胞から抽出したミトコンドリア誘電体のDNA配列を分析した。 そして、この配列を他の種であるクマのミトコンドリアDNA配列と比較して、ホッキョクグマが約15万年前の最新世代の終わりにヒグマから分かれた後、非常に迅速に、独立して進化てきたことを発見した。 新生代末期の最新世代は、寒冷な気候が発達した大氷河期であった。その際には、地球の気温が現在よりも約5〜10度程度低く、この気候変動に適応するために、複数の遺伝子の発現が調節され、ヒグマのホッキョクグマが分離されて出てきた。 進化論者はこれを進化の証拠として提示しますが、正確には創造主の生命体のDNAの中に隠されておかれた環境適応的に見なければならない。 つまり創造主の生命体を、よくパッケージされたアスファルトの道だけ走れる二輪駆動車のよう造られたのではなく変化する環境に応じて、農村の道やジンフルギルもよく走れる四輪駆動車のように造られた。 ピンチ歳のくちばしの形の変化も変化する生存環境に応じて、ALX1の遺伝子発現が調節され、様々な形状のくちばしに発展さ進化の証拠ではなく、創造主付与された生存環境への適応力である。

図9.北極熊の進化図