1. 最初の生命体は、地球上でどのように現われるか?

進化論と創造論の論争でほとんどの進化論は、聖書に基づいた創造論者たちの主張をとんでもない主張だと厳しく非難する。果たして彼らの非難が合うのだろうか?進化論が正しいか、創造論が正しいかは、最初の生命体が地球上にどのように最初の現われたに応じて、その勝敗が決定される。もし生命体が自然に現れた場合、進化論が正しいものであり、創造主の介入なしには決して出現するなければ創造論が正しいものである。

地球上のすべての生命体は、その基本的な単位である細胞で構成されている。細胞は、下の図で示されたように、タンパク質にギュソンさ>れており、タンパク質はアミノ酸に、アミノ酸は、(有)鉱物で構成されている。したがって、細胞が生成されるためには、(有)>鉱物からアミノ酸、アミノ酸からタンパク質、タンパク質の細胞の順に発展する。さて、このそれぞれの過程を詳しく見てみましょう。

H, C, N, O, H2O, CH4 etc...
(有)鉱物 アミノ酸 タンパク質 細胞

図1. 細胞の構成システム

a) (有)無機物からアミノ酸に

無機物は地球が形成される時期に当然存在していたものと思われる。しかし、(有)無機物でアミノ酸が生成される過程は、正確に知られていない実験を通じて明らかにしようとする試みがあった。 (有)無機物からアミノ酸を得るしようとする最初の実験は、1952年ミラーによって行われた。ミラーは、地球上の生の待機がメタン、アンモニア、水素、水行われたと仮定した後、この混合気体を下の図のように、加熱装置、真空ポンプ、放電装置、冷却装置などで構成された実験器具に入れて反応させた後、四種類のアミノ酸を得た。

図2. Miller実験

この実験で使用された加熱装置は、水蒸気を発生させ、真空ポンプは、空気をなくし、放電装置は、雷を模倣して、冷却装置は、生成物を急いで冷却させる装置である。 ところで、このデバイスは、地球の生待機をどのよう正確に再現するかについては、意見が命じておいた方だ。

放電装置の場合、約5万ボルトの電圧を使用して、約250度の熱を発生させる。 しかし、雷の場合、約1億ボルト程度の電圧を持ち、発生する熱は、約5万も程度になって大きな違いが見られる。 彗星は、太陽系を作成し、残りの物質であるが、彗星の構成成分を分析すると、地球の原始大気の構成成分がどうかわからいる。 彗星は、水、二酸化炭素、一酸化炭素、癌ニア、メタン、などの順で構成されている。 これに対し、ミラーが使用混合気体は、彗星の第二、第三最も多くの二酸化炭素と一酸化炭素が抜けていることが分かるがある。

しかし、これよりも大きな問題は、地球の原始大気が還元性大気だった家である。

これまで知られているバーみると、Miller(1953)とChyba&Sagan(1997)は、還元性大気、Albeson(1966)、Pinto et al。 (1980)、Zahnle(1986)などは、約還元性大気、そしてTrail et al。 (2011)は、酸化性大気であることを主張している。ここで注目すべき論文は、2011年ネイチャーに発表されたTrail et al。の論文であるが、彼らは冥王代(冥王累代、Hadean)に形成されたジルコン、酸化量が現在の地球上で発見されたマグマの酸化量と等しいことを発見した。また、ジルコンの酸化量から判断見ると、地球生大気が初めに還元性であったとしても、地球誕生約2億年後からは、もはや還元性大気がなかっただろうと発表した。最初の原始細胞の化石が発見された時期は、地球誕生後約5億年なので、上記の事実は、生命体が発生する時には、すでに相当量の酸素が地球の大気に存在したことを例示する。すなわち鉱物でアミノ酸が自然に生成される可能性が希薄たことを意味する。

b)。アミノ酸からのDNAまたはタンパク質に:

タンパク質を構成するアミノ酸の種類は約20個程度になることが知られている。議論を進めるために、地球生大気から生命体の基本となる20個のアミノ酸が偶然生成されたとしよう。この場合、次のように移らなければならない山はアミノ酸からDNA、RNA、タンパク質などが偶然に生成されるべきプロセスである。

図3に示すように、DNAは転写を介してRNAを作成しRNAはDNAから受け継いだ設計図通りにタンパク質を作る。したがって、最初にタンパク質を作る設計図が含まれているDNAを、生命の起源と考えた。ところが、DNA設計図通りにタンパク質を作るためには、酵素が必要で、酵素自体がタンパク質で構成されているので、この仮説は、壁にぶつかる。なぜなら、酵素を構成する原材料であるタンパク質が存在しない状態では、酵素自体が作成カントないからである。

図3. DNAからRNA、RNAからタンパク質が生成される過程を図

だから、これに対する解決策としてナオンゲ「RNAワールド」仮説である。 RNAは、DNAとは異なり、それ自体がメッセンジャーRNA(mRNA)に遺伝物質役割もしてリボソームRNA(rRNA)でタンパク質合成に関与するリボザイムの酵素役割もする。したがってRNAは自らの複製が可能なので、初期の生命の起源はRNAであると言う内容がRNAワールド仮説である。非常に完全に聞こえるかもしれないRNAワールド仮説は、次のような様々な問題点がある。まず、RNAは、あまりにも複雑で、自然に生成されることがない。第二に、RNAがたまたま発生したとしても、本質的にはあまりにも不安定で、すぐに破壊されてしまう。三番目、RNAが酵素触媒反応をするためには、膨大な本数のRNA分子が必要である(1014 - 1016個)第四に、RNAが実行できる触媒役割は非常に限定的である。ここで、生命の起源は難関に直面することになり、創造主の介入がなければ、決して前に進むことができないことを述べている。

c)。 RNA / DNAから細胞へ:

ここで再びDNAやタンパク質が偶然に生じたと仮定して議論を進めていきましょう。この場合に解決すべき課題は、どのようにしてDNAが細胞内の細胞核でよく位置し、他のいくつかの細胞のメンバーと調和し、単一の完全な細胞を遂げたりする問題がまた浮上している。

細胞は、下の図に示すようにDNAを包んでいる細胞核だけでなく、粗面小胞体、ファルミョン小胞体、リボソーム、細胞骨格、ゴルジ体、細胞、ミートコンドリア、小包、液胞、リソソーム、中心小体など多くの細胞小器官を持っているかの複雑な生命体として存在する。細胞を家に例えるする場合、細胞小器官は、氏メント、レンガ、コンクリート、タイル、ガラスなどの家を建てる建築材料である。建築材料は、自分たちが世話を自分で組み立てられて家がされず、設計者の設計図通りに施工されるべき非として家が完成される。同様に、細胞小器官も細胞内で自分の世話を配列されたものではなく設計図に基づいて定められた順に配列されるべき完全に機能しているかの細胞がなることがある。細胞の起源で、しばしば見落とされているという事実は、細胞核以外の細胞小器官がどのように作られたかの説明がほとんどないという事実であり、また、どのような過程を経て、細胞小器官が細胞内の適切な場所に腰を据えて、細胞が一つの生命体の役割をできるようにしたのかの説明がないということだ。

このように細胞が形成されているほとんどの過程がよく知られていない有力な理論と呼ばれるRNAワールドでさえも重要な事項である最初のRNAがどのように作られたかをよく説明できていない。鉱物から自然に生成されたアミノ酸は、D型とL型が約50%ずつ存在する。したがって生命体が自然に発生した場合の生命体をなすアミノ酸は、D型とL型が約50%程度ずつ設定する必要がある。しかし、地球上の生命体を構成するアミノ酸は、ほぼすべてがL型のアミノ酸で構成されている。これも生命体の自然発生説を否定する証拠である。

図4. 細胞の構造

以上のように説明したような鉱物でアミノ酸、アミノ酸からのRNA、DNA、タンパク質、およびこれらをもとに、細胞が形成され、最終的に生命体が誕生する過程には、決して克服できないいくつかの難関が存在することがわかる。この事実は、生命体が自然には出現なく、創造主の介入があってこそ可能であることを明らかに示している。